Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
管理ガイド
  1. このガイドについて
  2. I サポートと共通タスク
    1. 1 YaSTオンラインアップデート
    2. 2 サポート用システム情報の収集
    3. 3 テキストモードのYaST
    4. 4 Snapperによるスナップショットとロールバック
    5. 5 VNCによるリモートアクセス
    6. 6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
    7. 7 BashとBashスクリプト
    8. 8 Using Third-Party Software
  3. II システム
    1. 9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
    2. 10 Linuxシステムのブートと設定
    3. 11 ブートローダGRUB
    4. 12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    5. 13 特別なシステム機能
    6. 14 プリンタの運用
    7. 15 udevによる動的カーネルデバイス管理
    8. 16 X Windowシステム
    9. 17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
  4. III モバイルコンピュータ
    1. 18 Linuxでのモバイルコンピューティング
    2. 19 無線LAN
    3. 20 電源管理
    4. 21 タブレットPCの使用
  5. IV サービス
    1. 22 ネットワークの基礎
    2. 23 ネットワーク上のSLPサービス
    3. 24 NTPによる時刻の同期
    4. 25 ドメインネームシステム
    5. 26 DHCP
    6. 27 NetworkManagerの使用
    7. 28 Samba
    8. 29 NFS共有ファイルシステム
    9. 30 ファイルの同期
    10. 31 Apache HTTPサーバ
    11. 32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
    12. 33 Squidプロキシサーバ
    13. 34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
  6. V トラブルシューティング
    1. 35 ヘルプとドキュメント
    2. 36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
  7. A サンプルネットワーク
  8. B GNU Licenses
ナビゲーション
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

管理ガイド

発行日: 2020 年 5 月 22 日
このガイドについて
利用可能なマニュアル
フィードバック
マニュアルの表記規則
I サポートと共通タスク
1 YaSTオンラインアップデート
1.1 オンライン更新ダイアログ
1.2 パッチのインストール
1.3 自動オンラインアップデート
2 サポート用システム情報の収集
2.1 Supportconfigによるシステム情報の収集
2.2 グローバルテクニカルサポートへの情報の送信
2.3 カーネルモジュールのサポート
2.4 その他の情報
3 テキストモードのYaST
3.1 モジュールでのナビゲーション
3.2 キーの組み合わせの制約
3.3 YaSTコマンドラインオプション
4 Snapperによるスナップショットとロールバック
4.1 要件
4.2 Snapperによるシステム変更の取り消し
4.3 スナップショットの手動での作成と管理
4.4 制限
4.5 よくある質問とその回答
4.6 シンプロビジョンLVMボリュームでのSnapper使用
5 VNCによるリモートアクセス
5.1 一時的VNCセッション
5.2 永続的VNCセッション
6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
6.1 Zypperの使用
6.2 RPM—パッケージマネージャ
7 BashとBashスクリプト
7.1 シェルとは何か?
7.2 シェルスクリプトの作成
7.3 コマンドイベントのリダイレクト
7.4 エイリアスの使用
7.5 Bashでの変数の使用
7.6 コマンドのグループ化と結合
7.7 よく使用されるフローコンストラクトの操作
7.8 詳細情報
8 Using Third-Party Software
II システム
9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
9.1 ランタイムサポート
9.2 ソフトウェア開発
9.3 biarchプラットフォームでのソフトウェアのコンパイル
9.4 カーネル仕様
10 Linuxシステムのブートと設定
10.1 Linuxのブートプロセス
10.2 initプロセス
10.3 /etc/sysconfigによるシステム設定
11 ブートローダGRUB
11.1 GRUBによるブート
11.2 YaSTによるブートローダの設定
11.3 Linuxブートローダのアンインストール
11.4 ブートCDの作成
11.5 SUSEのグラフィカル画面
11.6 トラブルシューティング
11.7 詳細情報
12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
12.1 セキュアブート
12.2 その他の情報
13 特別なシステム機能
13.1 特殊ソフトウェアパッケージ
13.2 バーチャルコンソール
13.3 キーボードマッピング
13.4 言語および国固有の設定
14 プリンタの運用
14.1 印刷システムのワークフロー
14.2 プリンタに接続するための方法とプロトコル
14.3 ソフトウェアのインストール
14.4 ネットワークプリンタ
14.5 コマンドラインからの印刷
14.6 SUSE Linux Enterprise Serverの特別な機能
14.7 トラブルシューティング
15 udevによる動的カーネルデバイス管理
15.1 /devディレクトリ
15.2 カーネルのueventudev
15.3 ドライバ、カーネルモジュールおよびデバイス
15.4 ブートおよび初期デバイスセットアップ
15.5 実行中のudevデーモンの監視
15.6 udevルールによるカーネルデバイスイベント処理への影響
15.7 永続的なデバイス名の使用
15.8 udevで使用するファイル
15.9 詳細情報
16 X Windowシステム
16.1 X Window システムの手動設定
16.2 フォントのインストールと設定
16.3 その他の情報
17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
17.1 FUSEの設定
17.2 利用可能なFUSEプラグイン
17.3 詳細情報
III モバイルコンピュータ
18 Linuxでのモバイルコンピューティング
18.1 ラップトップ
18.2 モバイルハードウェア
18.3 携帯電話とPDA
18.4 詳細情報
19 無線LAN
19.1 WLAN標準
19.2 動作モード
19.3 認証
19.4 暗号化
19.5 YaSTでの設定
19.6 WLANのセットアップに関するヒントとテクニック
19.7 トラブルシューティング
19.8 詳細情報
20 電源管理
20.1 省電力機能
20.2 ACIP(詳細設定と電源インタフェース)
20.3 ハードディスクの休止
20.4 トラブルシューティング
20.5 その他の情報
21 タブレットPCの使用
21.1 タブレットPCパッケージのインストール
21.2 タブレットデバイスの設定
21.3 仮想キーボードの使用
21.4 ディスプレイの回転
21.5 ジェスチャ認識の使用
21.6 ペンを使用したメモの作成とスケッチ
21.7 トラブルシューティング
21.8 詳細情報
IV サービス
22 ネットワークの基礎
22.1 IPアドレスとルーティング
22.2 IPv6—次世代インターネット
22.3 ネームレゾリューション
22.4 YaSTによるネットワーク接続の設定
22.5 NetworkManager
22.6 ネットワークの手動環境設定
22.7 ボンディングデバイスの設定
22.8 ダイアルアップアシスタントとしてのsmpppd
23 ネットワーク上のSLPサービス
23.1 インストール
23.2 SLPをアクティブ化する
23.3 SUSE Linux Enterprise ServerのSLPプロントエンド
23.4 SLP経由のインストール
23.5 SLPによるサービスの提供
23.6 詳細情報
24 NTPによる時刻の同期
24.1 YaSTでのNTPクライアントの設定
24.2 ネットワークでのntpの手動設定
24.3 ランタイム時の動的時刻同期
24.4 ローカルリファレンスクロックの設定
24.5 ETR(External Time Reference)とのクロックの同期
25 ドメインネームシステム
25.1 DNS用語
25.2 インストール
25.3 YaSTでの設定
25.4 BINDネームサーバの起動
25.5 The /etc/named.conf環境設定ファイル
25.6 ゾーンファイル
25.7 ゾーンデータの動的アップデート
25.8 安全なトランザクション
25.9 DNSセキュリティ
25.10 その他の情報
26 DHCP
26.1 YaSTによるDHCPサーバの設定
26.2 DHCPソフトウェアパッケージ
26.3 DHCPサーバdhcpd
26.4 その他の情報
27 NetworkManagerの使用
27.1 NetworkManagerの使用
27.2 NetworkManagerの有効化/無効化
27.3 ネットワーク接続の設定
27.4 KNetworkManagerの使用
27.5 GNOME NetworkManagerアプレットの使用
27.6 NetworkManagerとVPN
27.7 NetworkManagerとセキュリティ
27.8 よくある質問とその回答
27.9 トラブルシューティング
27.10 その他の情報
28 Samba
28.1 用語集
28.2 Sambaの起動および停止
28.3 Sambaサーバの設定
28.4 クライアントの設定
28.5 ログインサーバとしてのSamba
28.6 Active Directoryネットワーク内のSambaサーバ
28.7 詳細情報
29 NFS共有ファイルシステム
29.1 用語集
29.2 NFSサーバのインストール
29.3 NFSサーバの設定
29.4 クライアントの設定
29.5 詳細情報
30 ファイルの同期
30.1 使用可能なデータ同期ソフトウェア
30.2 プログラムを選択する場合の決定要因
30.3 CVSの概要
30.4 rsyncの概要
30.5 詳細情報
31 Apache HTTPサーバ
31.1 クイックスタート
31.2 Apacheの設定
31.3 Apacheの起動および停止
31.4 モジュールのインストール、有効化、および設定
31.5 CGIスクリプトの実行
31.6 SSLをサポートするセキュアWebサーバのセットアップ
31.7 NSSをサポートするセキュアWebサーバのセットアップ
31.8 セキュリティ問題の回避
31.9 トラブルシューティング
31.10 詳細情報
32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
32.1 FTPサーバの起動
32.2 FTP一般設定
32.3 FTPパフォーマンス設定
32.4 認証
32.5 エキスパート設定
32.6 さらに詳細な説明が必要な場合は
33 Squidプロキシサーバ
33.1 プロキシキャッシュに関する注意事項
33.2 システム要件
33.3 Squidの起動
33.4 etc/squid/squid.conf設定ファイル
33.5 透過型プロキシの設定
33.6 cachemgr.cgi
33.7 squidGuard
33.8 Calamarisを使用したキャッシュレポート生成
33.9 詳細情報
34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
34.1 概要および基本概念
34.2 SFCBの設定
34.3 SFCB CIMOM設定
34.4 高度なSFCBタスク
34.5 詳細情報
V トラブルシューティング
35 ヘルプとドキュメント
35.1 ドキュメントディレクトリ
35.2 manページ
35.3 情報ページ
35.4 リソースのオンライン化
36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
36.1 情報の検索と収集
36.2 インストールの問題
36.3 ブートの問題
36.4 Loginの問題
36.5 ネットワークの問題
36.6 データの問題
36.7 IBM System z: initrdのレスキューシステムとしての使用
A サンプルネットワーク
B GNU Licenses
B.1 GNU Free Documentation License
図の一覧
1.1 YaSTオンライン更新—Qtインタフェース
1.2 YaSTオンライン更新—GTKインタフェース
3.1 テキストモードのYaSTのメインウィンドウ
3.2 ソフトウェアインストールモジュール
10.1 システムサービス(ランレベル)
10.2 sysconfigエディタを使用したシステム設定
11.1 ブートローダの設定
12.1 UEFIのセキュアブートプロセス
18.1 既存環境でのモバイルコンピュータの統合
19.1 YaST:無線ネットワークカードの設定
21.1 xvkbd仮想キーボード
21.2 CellWriterのジェスチャ認識
21.3 XournalによるPDFへの注釈
21.4 Dasherによるテキストの編集
22.1 TCP/IPの簡易階層モデル
22.2 TCP/IPイーサネットパケット
22.3 ネットワーク設定の実行
22.4 モデム設定
22.5 ISDNの設定
22.6 ISDNインタフェースの設定
22.7 DSLの設定
24.1 YaST: NTPサーバ
24.2 高度なNTP設定:セキュリティの設定
25.1 DNSサーバのインストール:フォワーダの設定
25.2 DNSサーバのインストール:DNSゾーン
25.3 DNSサーバのインストール:完了ウィザード
25.4 DNSサーバ:ログの記録
25.5 DNSサーバ: ゾーンエディタ(基本)
25.6 DNSサーバ:ゾーンエディタ(NSレコード)
25.7 DNSサーバ:ゾーンエディタ(MXレコード)
25.8 DNSサーバ:ゾーンエディタ(SOA)
26.1 DHCPサーバ:カードの選択
26.2 DHCPサーバ:グローバル設定
26.3 DHCPサーバ:ダイナミックDHCP
26.4 DHCPサーバ:起動
26.5 DHCPサーバ:ホスト管理
26.6 DHCPサーバ:Chroot Jailと宣言
26.7 DHCPサーバ:宣言タイプの選択
26.8 DHCPサーバ:サブネットの設定
26.9 DHCPサーバ:TSIGの設定
26.10 DHCPサーバ:ダイナミックDNS用のインタフェースの設定
26.11 DHCPサーバ:ネットワークインタフェースとファイアウォール
27.1 GNOMEネットワーク接続のダイアログ
27.2 KDEネットワーク設定ダイアログ
27.3 KNetworkManager—設定済みの接続と使用可能な接続
28.1 Windowsドメインメンバーシップの決定
29.1 NFSサーバ設定ツール
29.2 NFSv2およびNFSv3を使ったディレクトリのエクスポート
31.1 HTTP Server Wizard:デフォルトホスト
31.2 HTTP Server Wizard:概要
31.3 HTTP Server Configuration:設定:リッスンポートとアドレス
31.4 HTTP Server Configuration:サーバモジュール
32.1 FTPサーバの設定 - 起動
34.1 Webベースの企業管理パターンのパッケージ選択
34.2 追加CIMプロバイダのパッケージ選択
36.1 メディアの確認
36.2 ハードウェア情報の表示
36.3 USキーボードレイアウト
36.4 自動修復モード
表の一覧
6.1 最も重要なRPMクエリーのオプション
6.2 RPM確認オプション
7.1 ログインシェル用Bash設定ファイル
7.2 非ログインシェル用Bash設定ファイル
7.3 Bash用特殊ファイル
7.4 標準的なディレクトリツリーの概要
7.5 便利な環境変数
10.1 ランレベルの種類
10.2 initスクリプトのオプション
11.1 画面解像度および色深度の参照
13.1 ulimit:ユーザのためのリソースの設定
16.1 /etc/X11/xorg.confのセクション
16.2 fc-listのパラメータ
17.1 利用可能なFUSEプラグイン
18.1 NetworkManagerの使用
19.1 各種WLAN規格の概要
22.1 TCP/IPプロトコルファミリを構成する主要なプロトコル
22.2 特殊なアドレス
22.3 プライベートIPアドレスドメイン
22.4 IPv6のプレフィクス
22.5 手動ネットワーク環境設定用スクリプト
22.6 /etc/host.confファイルのパラメータ
22.7 /etc/nsswitch.confで利用できるデータベース
22.8 NSS データベースの環境設定オプション
22.9 ネットワークプログラム用スタートアップスクリプト
30.1 ファイル同期化ツールの機能: -- = とても悪い、- = 悪い、または利用不可、o = 普通、+ = 良好、++ = とても良好、x = 利用可能
34.1 sfcbdの管理用コマンド
35.1 マニュアルページ—カテゴリと説明
36.1 ログファイル
36.2 /procファイルシステムによるシステム情報
36.3 /sysファイルシステムによるシステム情報
例の一覧
4.1 タイムラインの設定例
6.1 Zypper—既知のリポジトリのリスト
6.2 rpm -q -i wget
6.3 パッケージを検索するスクリプト
7.1 テキストをプリントするシェルスクリプト
10.1 最低限のINIT INFOブロック
13.1 /etc/crontab内のエントリ
13.2 /etc/crontab:タイムスタンプファイルの削除
13.3 /etc/logrotate.confの例
13.4 ulimit:~/.bashrc中の設定
14.1 /etc/modprobe.conf:最初のパラレルポートの割り込みモード
14.2 lpdからのエラーメッセージ
14.3 CUPSネットワークサーバからのブロードキャスト
15.1 udevルールの例
16.1 ファイル/etc/X11/xorg.confのScreenセクション
22.1 IPアドレスの表記
22.2 IPアドレスとネットマスクの論理積(AND)
22.3 IPv6アドレスの例
22.4 プレフィクスの長さを指定したIPv6アドレス
22.5 /etc/resolv.conf
22.6 /etc/hosts
22.7 /etc/networks
22.8 /etc/host.conf
22.9 /etc/nsswitch.conf
22.10 pingコマンドの出力
22.11 ifconfigコマンドの出力
22.12 route -nコマンドの出力
25.1 named.confファイルの転送オプション
25.2 基本的な/etc/named.confファイル
25.3 ログを無効にするエントリ
25.4 example.comのゾーンエントリ
25.5 example.netのゾーンエントリ
25.6 /var/lib/named/example.com.zoneファイル
25.7 逆引き
26.1 環境設定ファイル/etc/dhcpd.conf
26.2 環境設定ファイルへの追加
28.1 CD-ROMの共有(無効)
28.2 [homes]共有
28.3 smb.confファイルのグローバルセクション
31.1 名前ベースのVirtualHostエントリの応用例
31.2 名前ベースのVirtualHostディレクティブ
31.3 IPベースのVirtualHostディレクティブ
31.4 基本的な仮想ホスト設定
31.5 VirtualHost CGIの設定
33.1 ファイアウォールの設定:オプション15
33.2 アクセスルール
33.3 アクセスルール
36.1 mountコマンドの出力
36.2 chrootを使ったマウントするファイルシステムの変更
36.3 ziplを使ったIPLレコードのインストール
36.4 ファイルシステムのアンマウント

Copyright © 2006–2020 SUSE LLC and contributors. All rights reserved.

この文書は、GNUフリー文書ライセンスのバージョン1.2または(オプションとして)バージョン1.3の条項に従って、複製、頒布、および/または改変が許可されています。ただし、この著作権表示およびライセンスは変更せずに記載すること。ライセンスバージョン1.2のコピーは、GNUフリー文書ライセンスセクションに含まれています。

SUSEおよびNovellの商標については、商標とサービスマークの一覧http://www.novell.com/company/legal/trademarks/tmlist.htmlを参照してください。他のすべての第三者の商標は、各商標権者が所有しています。商標記号(®、™など) は、SUSEまたはNovellの商標を示し、アスタリスク(*)は、サードパーティの商標を示します。

本書のすべての情報は、細心の注意を払って編集されています。しかし、このことは絶対に正確であることを保証するものではありません。SUSE LLC、その関係者、著者、翻訳者のいずれも誤りまたはその結果に対して一切責任を負いかねます。

このページを印刷