Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

5 導入計画

SUSE Linux Enterprise Serverを導入するにはさまざまな方法があります。物理メディアまたはインストール用ネットワークサーバを使ったローカルインストールから、カスタマイズ性の高い自動リモートインストール技術による大規模な導入まで、幅広いアプローチから選択できます。ご自身の要件に最も適する方法を選択してください。

5.1 10台以下のワークステーションへの導入

SUSE Linux Enterprise Serverを1~10台のワークステーションにインストールする場合、最も手軽で簡単な方法は、手動インストールで各ワークステーションにSUSE Linux Enterprise Serverを導入することです。詳細については、第6章 「YaSTによるインストールを参照してください。手動インストールには、要件に応じて数種類の方法があります。

SUSE Linux Enterprise Serverメディアからのインストール

ネットワークに接続しない1台のワークステーションにインストールする場合は、この方法を検討してください。

SLPを使ったネットワークサーバからのインストール

1~数台のワークステーションにインストールする場合で、SLPでアナウンスされたネットワークインストールサーバを利用できる場合は、この方法を検討してください。

ネットワークサーバからのインストール

1~数台のワークステーションにインストールする場合で、ネットワークインストールサーバを利用できる場合は、この方法を検討してください。

表 5.1: SUSE Linux Enterprise Serverメディアからのインストール

インストールソース

SUSE Linux Enterprise Serverメディアキット

手動操作を必要とするタスク

  • インストールメディアの挿入

  • インストールターゲットのブート

  • メディアの交換

  • YaSTインストールスコープの指定

  • YaSTを使ったシステムの設定システム

リモートコントロールされるタスク

なし

詳細

SUSE Linux Enterprise Serverメディア(DVD、CD、USB)からのインストール

表 5.2: SLPを使ったネットワークサーバからのインストール

Installation Source

SUSE Linux Enterprise Serverインストールメディアのあるネットワークインストールサーバ

手動操作を必要とするタスク

  • ブートディスクの挿入

  • インストールターゲットのブート

  • YaSTインストールスコープの指定

  • YaSTを使ったシステムの設定

リモートコントロールされるタスク

なし、ただし、この方法とVNCとの組み合わせ可能

詳細

6.1.1項 「SLPを使ったネットワークサーバからのインストール」

表 5.3: ネットワークサーバからのインストール

Installation Source

SUSE Linux Enterprise Serverインストールメディアのあるネットワークインストールサーバ

手動操作を必要とするタスク

  • ブートディスクの挿入

  • ブートオプションの指定

  • インストールターゲットのブート

  • YaSTインストールスコープの指定

  • YaSTを使ったシステムの設定

リモートコントロールされるタスク

なし、ただし、この方法とVNCとの組み合わせ可能

詳細

6.1.2項 「SLPを使用しないネットワークソースからのインストール」

5.2 100台以下のワークステーションへの導入

インストールするワークステーションの数が増大している中で、ワークステーションを1台ずつ手動でインストールし、設定することは、明らかにやりたくない作業です。多数の自動または半自動の方法があり、ユーザの物理的介入を最小限または不要にするインストールオプションもいくつか用意されています。

全自動インストールを検討する前に、設定内容やシステム構成が複雑になると、セットアップにより多くの時間かかる点を考慮してください。システムの導入に時間的な制約がある場合は、手軽で素早く完了できる、より単純な方法を選択する方が良い場合もあります。自動インストールは、大規模な導入の場合や、リモートで実行する必要がある場合に適しています。

次のオプションから選択します。

VNCによる単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定

小~中規模の導入形態で、静的なネットワークセットアップを行う場合に、この方法を検討してください。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、およびVNCビューアアプリケーションが必要になります。

VNCによる単純なリモートインストール—動的なネットワーク設定

小~中規模な導入形態で、DHCPを使った動的なネットワークセットアップを行う場合に、この方法を検討してください。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、およびVNCビューアアプリケーションが必要になります。

VNCによるリモートインストール—PXEブートとWake on LAN

小~中規模の導入形態で、インストールターゲットに対して物理的な操作を行わず、ネットワーク経由でインストールする必要のある場合には、この方法を検討してください。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、ネットワークブートイメージ、ネットワークブートが可能なターゲットハードウェア、およびVNCビューアアプリケーションが必要になります。

SSHによる単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定

小~中規模の導入形態で、静的なネットワークセットアップを行う場合に、この方法を検討してください。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、およびSSHクライアントアプリケーションが必要になります。

SSHによるリモートインストール—動的なネットワーク設定

小~中規模な導入形態で、DHCPを使った動的なネットワークセットアップを行う場合に、この方法を検討してください。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、およびSSHクライアントアプリケーションが必要になります。

SSHによるリモートインストール—PXEブートとWake on LAN

小~中規模の導入形態で、インストールターゲットに対して物理的な操作を行わず、ネットワーク経由でインストールする必要のある場合には、この方法を検討してください。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、ネットワークブートイメージ、ネットワークブートが可能なターゲットハードウェア、およびSSHクライアントアプリケーションが必要になります。

単純な大規模インストール

大規模な導入で、多数の同じコンピュータにインストールする場合に、この方法を検討してください。ネットワークブートを利用できる場合は、ターゲットシステムに対して物理的な操作を行う必要がなくなります。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、VNCビューアやSSHクライアントなどのリモートコントロールアプリケーション、およびAutoYaST設定プロファイルが必要になります。ネットワークブートを使用する場合は、ネットワークブートイメージとネットワークブート対応ハードウェアも必要です。

ルールベースの自動インストール

さまざまな種類のハードウェアを使用する大規模な導入の場合に、この方法を検討してください。ネットワークブートを利用できる場合は、ターゲットシステムに対して物理的な操作を行う必要がなくなります。この方法では、ネットワーク、ネットワークインストールサーバ、VNCビューアやSSHクライアントなどのリモートコントロールアプリケーション、および複数のAutoYaST設定プロファイルとAutoYaST用のルール設定が必要になります。ネットワークブートを使用する場合は、ネットワークブートイメージとネットワークブート対応ハードウェアも必要です。

表 5.4: VNCによる単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定

Installation Source

Network

準備作業

  • インストールソースの設定

  • インストールメディアからのブート

コントロールと監視

リモート:VNC

最適な導入形態

さまざまなハードウェアを使用する小~中規模の導入形態

短所

  • 各コンピュータを個別にセットアップする必要がある

  • ブートするために物理的な操作が必要になる

詳細

14.1.1項 「VNCによる単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定」

表 5.5: VNCによる単純なリモートインストール—動的なネットワーク設定

Installation Source

Network

準備作業

  • インストールソースの設定

  • インストールメディアからのブート

コントロールと監視

リモート:VNC

最適な導入形態

さまざまなハードウェアを使用する小~中規模の導入形態

短所

  • 各コンピュータを個別にセットアップする必要がある

  • ブートするために物理的な操作が必要になる

詳細

14.1.2項 「VNCによる単純なリモートインストール—動的なネットワーク設定」

表 5.6: VNCによるリモートインストール—PXEブートとWake on LAN

Installation Source

Network

準備作業

  • インストールソースの設定

  • DHCP、TFTP、PXEブート、およびWOLの設定

  • ネットワークからのブート

コントロールと監視

リモート:VNC

最適な導入形態

  • さまざまなハードウェアを使用する小~中規模の導入形態

  • サイト間での完全なリモートインストール

短所

各コンピュータを手動でセットアップする必要がある

詳細

14.1.3項 「VNCによるリモートインストール—PXEブートとWake on LAN」

表 5.7: SSHによる単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定

Installation Source

Network

準備作業

  • インストールソースの設定

  • インストールメディアからのブート

コントロールと監視

リモート:SSH

最適な導入形態

  • さまざまなハードウェアを使用する小~中規模の導入形態

  • ターゲットに対して低い帯域幅で接続している環境

短所

  • 各コンピュータを個別にセットアップする必要がある

  • ブートするために物理的な操作が必要になる

詳細

14.1.4項 「SSHによる単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定」

表 5.8: SSHによるリモートインストール—動的なネットワーク設定

Installation Source

Network

準備作業

  • インストールソースの設定

  • インストールメディアからのブート

コントロールと監視

リモート:SSH

最適な導入形態

  • さまざまなハードウェアを使用する小~中規模の導入形態

  • ターゲットに対して低い帯域幅で接続している環境

短所

  • 各コンピュータを個別にセットアップする必要がある

  • ブートするために物理的な操作が必要になる

詳細

14.1.5項 「SSHによる単純なリモートインストール—動的なネットワーク設定」

表 5.9: SSHによるリモートインストール—PXEブートとWake on LAN

Installation Source

Network

準備作業

  • インストールソースの設定

  • DHCP、TFTP、PXEブート、およびWOLの設定

  • ネットワークからのブート

コントロールと監視

リモート:SSH

最適な導入形態

  • さまざまなハードウェアを使用する小~中規模の導入形態

  • サイト間での完全なリモートインストール

  • ターゲットに対して低い帯域幅で接続している環境

短所

各コンピュータを個別にセットアップする必要がある

詳細

14.1.6項 「SSHによるリモートインストール—PXEブートとWake on LAN」

表 5.10: 単純な大規模インストール

Installation Source

ネットワークを推奨

準備作業

  • ハードウェア情報の収集

  • AutoYaSTプロファイルの作成

  • インストールサーバの設定

  • プロファイルの配布

  • ネットワークブート(DHCP、TFTP、PXE、WOL)の設定

    または

    インストールメディアからのターゲットのブート

コントロールと監視

VNC/SSHを使ってローカルまたはリモート

最適な導入形態

  • 大規模な導入形態

  • 同一のハードウェアを使用している環境

  • システムにアクセスしない場合(ネットワークブート)

短所

同一のハードウェアを使用する環境でしか利用できない

詳細

21.1項 「単純な大規模インストール」

表 5.11: ルールベースの自動インストール

Installation Source

ネットワークを推奨

準備作業

  • ハードウェア情報の収集

  • AutoYaSTプロファイルの作成

  • AutoYaSTルールの作成

  • インストールサーバの設定

  • プロファイルの配布

  • ネットワークブート(DHCP、TFTP、PXE、WOL)の設定

    または

    インストールメディアからのターゲットのブート

コントロールと監視

SSH/VNCを使ってローカルまたはリモート

最適な導入形態

  • 多様なハードウェアを使用する環境

  • サイト間での導入

短所

ルールのセットアップが複雑

詳細

21.2項 「ルールベースの自動インストール」

5.3 100台を超えるワークステーションへの導入

5.1項 「10台以下のワークステーションへの導入」で説明している中規模インストールでの検討事項の大半は、大規模な導入の場合にも当てはまります。ただし、インストールターゲット数が増加するにつれ、完全自動インストールの長所が短所を上回るようになります。

導入サイトの要件に応じて、AutoYaSTのルールやクラスフレームワークを詳細に設定する作業にはかなりの時間がかかりますが、その価値は十分にあります。インストールプロジェクトの内容によっては、各ターゲットを個別にインストールする手間を省くことで、大幅に時間を節約できます。

ユーザ設定を最初の起動時に行う必要がある場合、別の選択肢としてkiwiおよびfirstbootでプリロードイメージを作成できます。このイメージの設定はこのタスクに特化したPXEブートサーバで行うことも可能です。詳細については、第17章 「KIWI第21章 「自動インストール、および第20章 「カスタマイズした事前インストールの配布を参照してください。

このページを印刷