Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
管理ガイド
  1. このガイドについて
  2. I サポートと共通タスク
    1. 1 YaSTオンラインアップデート
    2. 2 サポート用システム情報の収集
    3. 3 テキストモードのYaST
    4. 4 Snapperによるスナップショットとロールバック
    5. 5 VNCによるリモートアクセス
    6. 6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
    7. 7 BashとBashスクリプト
    8. 8 Using Third-Party Software
  3. II システム
    1. 9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
    2. 10 Linuxシステムのブートと設定
    3. 11 ブートローダGRUB
    4. 12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    5. 13 特別なシステム機能
    6. 14 プリンタの運用
    7. 15 udevによる動的カーネルデバイス管理
    8. 16 X Windowシステム
    9. 17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
  4. III モバイルコンピュータ
    1. 18 Linuxでのモバイルコンピューティング
    2. 19 無線LAN
    3. 20 電源管理
    4. 21 タブレットPCの使用
  5. IV サービス
    1. 22 ネットワークの基礎
    2. 23 ネットワーク上のSLPサービス
    3. 24 NTPによる時刻の同期
    4. 25 ドメインネームシステム
    5. 26 DHCP
    6. 27 NetworkManagerの使用
    7. 28 Samba
    8. 29 NFS共有ファイルシステム
    9. 30 ファイルの同期
    10. 31 Apache HTTPサーバ
    11. 32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
    12. 33 Squidプロキシサーバ
    13. 34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
  6. V トラブルシューティング
    1. 35 ヘルプとドキュメント
    2. 36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
  7. A サンプルネットワーク
  8. B GNU Licenses
ナビゲーション
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

32 YaSTを使用したFTPサーバの設定

YaST FTPサーバモジュールを使用すると、コンピュータをFTP (File Transfer Protocol)サーバとして機能するように設定できます。匿名および/または認証されたユーザがコンピュータに接続し、FTPプロトコルを使用してファイルをダウンロードできます。設定によっては、それらのユーザがFTPサーバにファイルをアップロードすることも可能です。YaSTは、システムにインストールされたFTPサーバデーモンに対して、統一された設定インタフェースを提供しています。

YaSTのFTPサーバ設定モジュールを使用すると、2つの異なるFTPサーバデーモンを設定できます。

  • vsftpd (Very Secure FTP Daemon) 、および

  • pure-ftpd

設定できるのは、インストール済みサーバだけです。

vsftpdサーバとpure-ftpdサーバの設定オプションは多少異なります(特に、エキスパート設定ダイアログ)。この章では、vsftpdサーバの設定について説明します。

YaST FTPサーバモジュールがシステム内にない場合は、yast2-ftp-serverパッケージをインストールしてください。

YaSTで、FTPサーバを設定するには、次の手順に従います。

  1. YaSTコントロールセンターを開き、ネットワークサービス › FTPサーバの順に選択するか、rootとしてyast2 ftp-serverコマンドを実行します。

  2. システムにFTPサーバがインストールされていない場合は、YaST FTPサーバモジュールの起動時に、インストールするサーバをどれにするか質問されます。サーバを選択してダイアログを確認します。2つのサーバがインストールされている場合は、サーバを選択して、OKをクリックします。

  3. 起動ダイアログで、FTPサーバの起動に関するオプションを設定します。詳細については、32.1項 「FTPサーバの起動」を参照してください。

    一般ダイアログで、FTPディレクトリ、歓迎メッセージ、ファイル作成マスクなどの各種パラメータを設定します。詳細については、32.2項 「FTP一般設定」を参照してください。

    Performanceダイアログで、FTPサーバの負荷に影響するパラメータを設定します。詳細については、32.3項 「FTPパフォーマンス設定」を参照してください。

    認証ダイアログで、匿名および/または認証されたユーザに対してFTPサーバを使用可能にするかどうか設定します。詳細については、32.4項 「認証」を参照してください。

    エキスパート設定ダイアログで、FTPサーバの操作モード、SSL接続、およびファイアウォール設定を設定します。詳細については、32.5項 「エキスパート設定」を参照してください。

  4. 完了を押して設定を保存します。

32.1 FTPサーバの起動

FTP Start-Upダイアログのサービス開始フレームで、FTPサーバを起動する方法を設定します。システムブート時の自動的なサーバ起動とサーバの手動起動のどちらかを選択できます。FTP接続要求後にのみFTPサーバを起動する場合は、xinetd経由を選択します。

FTPサーバの現在のステータスが、FTP Start-Upダイアログの開始/停止フレームに表示されます。FTPを開始するをクリックして、FTPサーバを起動します。サーバを停止するには、FTPを停止するをクリックします。サーバの設定を変更したら、設定を保存してFTPを再起動するをクリックします。完了を押して設定モジュールを終了すると、設定が保存されます。

FTP起動ダイアログの選択されたサービスフレームに、使用されるFTPサーバ(vsftpdまたはpure-ftpd)が表示されます。両方のサーバがインストールされている場合、それらを切り替えることができます。現在の設定は自動的に変換されます。

FTPサーバの設定 - 起動
図 32.1: FTPサーバの設定 - 起動

32.2 FTP一般設定

FTP General Settingsダイアログの一般の設定フレームで、FTPサーバへの接続後に表示されるWelcome messageを設定できます。

Chroot Everyoneオプションをオンにした場合は、すべてのローカルユーザが、ログイン後、ホームディレクトリのchroot jailに配置されます。このオプションは、セキュリティに影響します(特に、ユーザがアップロードパーミッションまたはシェルアクセスを持つ場合)。したがって、このオプションの有効化には、注意が必要です。

Verbose Loggingオプションをオンにすると、すべてのFTP要求と応答がログされます。

匿名および/または認証されたユーザが作成するファイルのパーミッションは、umaskで制限できます。Umask for Anonymousで匿名ユーザ用のファイル作成マスクを設定し、Umask for Authenticated Usersで認証されたユーザ用のファイル作成マスクを設定します。マスクは、必ずゼロで始まる8進数として入力してください。umaskの詳細については、umaskマニュアルページ(man 1p umask)を参照してください。

FTP Directoriesフレームで、匿名/認証されたユーザ用のディレクトリを設定します。参照をクリックすると、ローカルファイルシステムから使用できるディレクトリを選択できます。匿名ユーザのデフォルトFTPディレクトリは、/srv/ftpです。ただし、vsftpdでは、このディレクトリにすべてのユーザが書き込むことはできません。代わりに、書き込みパーミッション付きのサブディレクトリuploadが匿名ユーザ用に作成されます。

注記
注記: FTPディレクトリの書込みパーミッション

pure-ftpdサーバでは、匿名ユーザ用のFTPディレクトリを書き込み可能にできます。サーバ間で切り換えを行う場合は、vsftpdサーバに戻す前に、pure-ftpdで使用したディレクトリから書き込みパーミッションを削除したことを確認してください。

32.3 FTPパフォーマンス設定

パフォーマンスダイアログで、FTPサーバの負荷に影響するパラメータを設定します。Max Idle Timeは、リモートクライアントがFTPのコマンド間で待機できる最大時間(分)です。これよりアクティビティのない時間が長くなると、リモートクライアントの接続は切断されます。Max Clients for One IPでは、1つのIPアドレスから接続できるクライアントの最大数を決定します。最大クライアントでは、接続できるクライアントの最大数を決定します。クライアントをさらに追加すると、エラーメッセージが表示されます。

最大データ転送速度(KB/秒)の設定は、ローカルの認証されたユーザについてはLocal Max Rate、匿名クライアントについてはAnonymous Max Rateで行います。速度設定のデフォルト値は、0であり、無制限のデータ転送速度を意味します。

32.4 認証

認証ダイアログのEnable/Disable Anonymous and Local Usersフレームでは、どのユーザにFTPサーバへのアクセスを許可するか設定できます。次のオプションのいずれかを選択できます: 匿名ユーザのみ、(システムにアカウントのある)認証されたユーザのみ、またはその両方のタイプのユーザにアクセスを付与します。

FTPサーバへのファイルのアップロードを許可するには、認証ダイアログのUploadingフレームにあるEnable Uploadをオンにします。ここでは、各ボックスにチェック印を入れることで、匿名ユーザにも、アップロードまたはディレクトリの作成を許可できます。

注記
注記: vsftp—匿名ユーザのファイルのアップロードを許可する

vsftpdサーバを使用し、匿名ユーザにファイルをアップロードさせたり、ディレクトリを作成させる場合は、すべてのユーザ用書き込みパーミッション付きのサブディレクトリを、匿名FTPディレクトリ内に作成する必要があります。

32.5 エキスパート設定

FTPサーバは、アクティブモードまたはパッシブモードで実行できます。デフォルトでは、サーバはパッシブモードで実行されます。アクティブモードに切り換えるには、エキスパート設定ダイアログのパッシブモードを許可するオプションのチェックをオフにするだけです。データストリーム用に使用するサーバのポート範囲を変更することもできます。このためには、Min Port for Pas. ModeMax Port for Pas. Modeのオプションを微調整します。

クライアントとサーバ間で暗号化された通信が必要な場合は、SSLを有効にできます。サポートされるプロトコルのバージョンをチェックし、SSL暗号化接続で使用されるDSA証明書を指定します。

システムがファイアウォールで保護されている場合は、ファイアウォール内でポートを開くをオンにして、FTPサーバへの接続を有効にします。

32.6 さらに詳細な説明が必要な場合は

FTPサーバの詳細については、pure-ftpdvsftpd、およびvsftpd.confのマニュアルページを参照してください。

このページを印刷