Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
管理ガイド
  1. このガイドについて
  2. I サポートと共通タスク
    1. 1 YaSTオンラインアップデート
    2. 2 サポート用システム情報の収集
    3. 3 テキストモードのYaST
    4. 4 Snapperによるスナップショットとロールバック
    5. 5 VNCによるリモートアクセス
    6. 6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
    7. 7 BashとBashスクリプト
    8. 8 Using Third-Party Software
  3. II システム
    1. 9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
    2. 10 Linuxシステムのブートと設定
    3. 11 ブートローダGRUB
    4. 12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    5. 13 特別なシステム機能
    6. 14 プリンタの運用
    7. 15 udevによる動的カーネルデバイス管理
    8. 16 X Windowシステム
    9. 17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
  4. III モバイルコンピュータ
    1. 18 Linuxでのモバイルコンピューティング
    2. 19 無線LAN
    3. 20 電源管理
    4. 21 タブレットPCの使用
  5. IV サービス
    1. 22 ネットワークの基礎
    2. 23 ネットワーク上のSLPサービス
    3. 24 NTPによる時刻の同期
    4. 25 ドメインネームシステム
    5. 26 DHCP
    6. 27 NetworkManagerの使用
    7. 28 Samba
    8. 29 NFS共有ファイルシステム
    9. 30 ファイルの同期
    10. 31 Apache HTTPサーバ
    11. 32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
    12. 33 Squidプロキシサーバ
    13. 34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
  6. V トラブルシューティング
    1. 35 ヘルプとドキュメント
    2. 36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
  7. A サンプルネットワーク
  8. B GNU Licenses
ナビゲーション
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

18 Linuxでのモバイルコンピューティング

モバイルコンピューティングという言葉から連想されるのはラップトップ、PDA、携帯電話、そしてこれらを使ったデータ交換ではないでしょうか。外付けハードディスク、フラッシュドライブ、デジタルカメラなどのモバイルハードウェアコンポーネントは、ラップトップやデスクトップシステムに接続できます。多くのソフトウェアコンポーネントで、モバイルコンピューティングを想定しており、一部のアプリケーションは、モバイル使用に合わせて特別に作成されています。

18.1 ラップトップ

ラップトップのハードウェアは通常のデスクトップシステムとは異なります。これは交換可能性、空間要件、電力消費などの基準を考慮する必要があるためです。モバイルハードウェアメーカーは、ラップトップハードウェアを拡張するために使用可能なPCMCIA(Personal Computer Memory Card International Association)、Mini PCI、Mini PCIeなどの標準インタフェースを開発してきました。この標準ではメモリカード、ネットワークインタフェースカード、ISDNおよびモデムカード、そして外部ハードディスクをカバーします。

ヒント
ヒント: SUSE Linux Enterprise ServerおよびタブレットPC

SUSE Linux Enterprise Serverは、タブレットPCもサポートしています。タブレットPCには、タッチパッド/デジタイザが付属しており、マウスとキーボードを使用するのではなく、デジタルペンやさらに指による操作で画面上で直接データを編集できます。タブレットPCは、他のシステムとまったく同じようにインストールおよび設定されます。タブレットPCのインストールおよび設定について詳しくは、第21章 「タブレットPCの使用を参照してください。

18.1.1 電源消費量

ラップトップの製造時、消費電力を最適化したシステムコンポーネントを組み込むことで、電源に接続しなくてもシステムを快適に使用できるようにしています。電源の管理に関するこうした貢献は少なくともオペレーティングシステムの貢献度と同じくらい重要です。SUSE® Linux Enterprise Serverはラップトップの電源消費量に影響するさまざまな方法をサポートすることで、バッテリー使用時の動作時間に数々の効果をあげています。次のリストでは電源消費量節約への貢献度の高い順に各項目を示します。

  • CPUの速度を落とす。

  • 休止中にディスプレイの照明を切る。

  • ディスプレイの明るさを手動で調節する。

  • ホットプラグ対応の使用していないアクセサリを切断する(USB CD-ROM、外付けマウス、使用していないPCMCIAカード、WLANなど)。

  • アイドル中にはハードウェアディスクをスピンダウンする。

SUSE Linux Enterprise Serverでの電源管理の詳細な背景情報は、第20章 「電源管理に示されています。

18.1.2 操作環境の変化の統合

モバイルコンピューティングに使用する場合、ご使用のシステムを操作環境の変化に順応させる必要があります。多くのサービスは環境に依存するので、環境を構成するクライアントの再設定が必要です。SUSE Linux Enterprise Serverがこのタスクを処理します。

既存環境でのモバイルコンピュータの統合
図 18.1: 既存環境でのモバイルコンピュータの統合

スモールホームネットワークとオフィスネットワーク間でラップトップを持ち運びする場合に影響のあるサービスは次のとおりです。

ネットワーク

IPアドレスの割り当て、名前解決、インターネット接続、およびその他のネットワークへの接続が含まれます。

印刷

使用可能なプリンタの現在のデータベース、および使用可能なプリントサーバが、ネットワークに応じて表示されなければなりません。

電子メールとプロキシ

印刷と同様、現在の環境に対応するサーバが表示されなければなりません。

X(グラフィック環境)

ご使用のラップトップがプロジェクタまたは外付けモニタに一時的に接続されている場合、別のディスプレイ設定が使用可能になっている必要があります。

SUSE Linux Enterprise Serverではラップトップを既存の操作環境に統合させる複数の方法を提供しています。

NetworkManager

NetworkManagerは、特にラップトップでのモバイルネットワーキング用に調整されています。NetworkManagerは、ネットワーク環境間、またはモバイルブロードバンド(GPRS、EDGE、または3G)、ワイヤレスLAN、Ethernetなどのさまざまなタイプのネットワーク間を容易に、自動的に切り替える方法を提供します。NetworkManagerは、ワイヤレスLANでのWEPおよびWPA-PSKの暗号化をサポートします。また、(smpppdにより)ダイアルアップ接続をサポートします。両方のデスクトップ環境(GNOMEおよびKDE)には、NetworkManagerのフロントエンドが含まれています。デスクトップアプレットの詳細については、27.4項 「KNetworkManagerの使用」および27.5項 「GNOME NetworkManagerアプレットの使用」を参照してください。

表 18.1: NetworkManagerの使用

コンピュータの条件

NetworkManagerを使用する

ラップトップである

対応

別のネットワークに接続される場合がある

対応

ネットワークサービスを提供する(DNSまたはDHCP)

非対応

スタティックIPアドレスのみを使用する

非対応

NetworkManagerがネットワーク設定を扱うのが適切でない場合、YaSTツールを使用してネットワークを設定します。

ヒント
ヒント: DNS設定と、各種ネットワーク接続

ラップトップを持って移動し、ネットワーク接続の種類を頻繁に変更する場合、すべてのDNSアドレスがDHCPによって正しく割り当てられていれば、NetworkManagerは正常に機能します。一部の接続で静的DNSアドレスを使用する場合は、そのアドレスを/etc/sysconfig/network/config内のNETCONFIG_DNS_STATIC_SERVERSオプションに追加します。

SLP

サービスロケーションプロトコル(SLP)は既存のネットワークでのラップトップの接続を容易にします。SLPがなければラップトップの管理者は通常ネットワークで使用可能なサービスに関する詳細な知識が必要になります。SLPはローカルネットワーク上のすべてのクライアントに対し、使用可能な特定のタイプのサービスについてブロードキャストします。SLPをサポートするアプリケーションはSLPとは別に情報を処理し、自動的に設定することが可能です。SLPはシステムのインストールにも使用でき、適切なインストールソースの検索作業が最小化されます。SLPの詳細については、第23章 「ネットワーク上のSLPサービスを参照してください。

18.1.3 ソフトウェアオプション

モバイル用途には、専用ソフトウェアにより対応されるシステムモニタリング(特にバッテリの充電)、データ同期、周辺機器との無線通信、インターネットなど、さまざまな特別タスク領域が存在します。以降のセクションでは、SUSE Linux Enterprise Serverが各タスクに提供する最も重要なアプリケーションについて説明します。

18.1.3.1 システムモニタリング

SUSE Linux Enterprise Serverでは2種類のKDEシステムモニタリングツールを提供しています。

電源管理

電源管理は、KDEデスクトップの省エネ関係の動作を調整できるアプリケーションです。このアプリケーションには、通常、バッテリモニタトレイアイコンでアクセスします。このアイコンは、現在の電源タイプに応じて変化します。設定ダイアログを開くには、Kickoffアプリケーションランチャを使用する方法もあります: アプリケーション › デスクトップの設定 › 詳細 › 電源管理

バッテリモニタトレイアイコンをクリックして、動作を設定するオプションにアクセスします。表示された5つの電源プロファイルから、自分のニーズに最も適合する1つを選択できます。たとえば、プレゼンテーションスキーマは一般にスクリーンセーバーと電源管理を無効にするため、プレゼンテーションはシステムイベントによって中断されません。詳細...をクリックして、さらに複雑な設定の画面を表示します。ここで、個々のプロファイルを編集し、ラップトップのカバーが閉じられている場合やバッテリ残量が低い場合の処置など、高度な電源管理に関するオプションや通知を設定できます。

システムモニタ

システムモニタ (Kシステムガードとも呼ぶ)は、測定可能なシステムパラメータを1つのモニタリング環境に集めます。このモニタは、デフォルトでは、2つのタブに出力情報を表示します。プロセステーブルは、CPUロード、メモリ使用量、プロセスのID番号と適切な値など、現在実行中のプロセスの詳細情報を提供します。収集されたデータのプレゼンテーションとフィルタリングはカスタマイズできます。新しいタイプのプロセス情報を追加するには、プロセステーブルのヘッダを左クリックして、隠したい列やビューに追加したい列を選択します。さまざまなデータページで各種のシステムパラメータを監視したり、ネットワーク上でさまざまなコンピュータにあるデータを並行して収集することも可能です。KSysguardはKDE環境がなくてもマシン上でデーモンとして実行できます。このプログラムについての詳細な情報は、プログラムに組み込まれたヘルプ機能かヘルプページを参照してください。

GNOME環境では、電源管理の設定システムモニタを使用します。

18.1.3.2 データの同期化

ネットワークから切断されたモバイルマシンと、オフィスのネットワーク上にあるワークステーションの両方で作業を行う場合、すべての場合で処理したデータを同期しておくことが必要になります。これには電子メールフォルダ、ディレクトリ、個別の各ファイルなど、オフィスでの作業時と同様、オフィス外で作業する場合にも必要となるものが含まれます。両方の場合のソリューションを次に示します。

電子メールの同期化

オフィスネットワークで電子メールを保存するためにIMAPアカウントを使用します。これで電子メールは、KMail、Evolution、またはMozilla Thunderbird Mailなどのような切断型IMAP対応電子メールクライアントを使用するワークステーションからアクセスできるようになります。送信メッセージで常に同じフォルダを使用するには、電子メールクライアントでの設定が必要になります。また、この機能により、同期プロセスが完了した時点でステータス情報とともにすべてのメッセージが使用可能になります。未送信メールについての信頼できるフィードバックを受信するためには、システム全体で使用されるMTA postfixまたはsendmailの代わりに、メッセージ送信用のメールクライアントに実装されたSMTPサーバーを使用します。

ファイルとディレクトリの同期

ラップトップとワークステーション間のデータの同期に対応するユーティリティが複数あります。最もよく使用されるものには、rsyncというコマンドラインツールがあります。詳細については、そのマニュアルページを参照してください(man 1 rsync)。

18.1.3.3 無線通信

ラップトップは、ケーブルを使用して自宅やオフィスのネットワークに接続するのと同様に、他のコンピュータ、周辺機器、携帯電話、PDAなどに無線接続することもできます。Linuxは3種類のタイプの無線通信をサポートします。

WLAN

WLANは、これらの無線テクノロジの中では最大規模で、規模が大きく、ときに物理的に離れているネットワークでの運用に適している唯一のテクノロジと言えます。個々のマシンを相互に接続して、独立した無線ネットワークを構築することも、インターネットにアクセスすることも可能です。アクセスポイントと呼ばれるデバイスがWLAN対応デバイスの基地局として機能し、インターネットへの中継点としての役目を果たします。モバイルユーザは、場所や、どのアクセスポイントが最適な接続を提供するかに応じて様々なアクセスポイントを切り替えることができます。WLANユーザは携帯電話網と同様の、特定のアクセス場所にとらわれる必要のない大規模ネットワークを使用できます。WLANの詳細については、第19章 「無線LANを参照してください。

Bluetooth

Bluetoothはすべての無線テクノロジに対するブロードキャストアプリケーション周波数を使用します。BluetoothはIrDAのように、コンピュータ(ラップトップ)およびPDAまたは携帯電話間で通信するために使用できます。また範囲内に存在する別のコンピュータと接続するために使用することもできます。Bluetoothは、キーボードやマウスなど無線システムコンポーネントとの接続にも用いられます。ただし、このテクノロジはリモートシステムをネットワークに接続するほどには至っていません。壁のような物理的な障害物をはさんで行う通信にはWLANテクノロジが適しています。

IrDA

IrDAは狭い範囲での無線テクノロジです。通信を行う両者は相手の見える位置にいなくてはなりません。壁のような障害物をはさむことはできません。IrDAで利用できるアプリケーションはラップトップと携帯電話間でファイルの転送を行うアプリケーションです。ラップトップから携帯電話までの距離が短い場合はIrDAを使用できます。ファイル受信者への長距離におよぶファイルの転送はモバイルネットワークが送信します。IrDAのもう1つのアプリケーションは、オフィスでの印刷ジョブを無線転送するアプリケーションです。

18.1.4 データのセキュリティ

無認証のアクセスに対し、複数の方法でラップトップ上のデータを保護するのが理想的です。実行可能なセキュリティ対策は次の領域になります。

盗難からの保護

常にシステムを物理的な盗難から守ることを心がけます。チェーンなど、さまざまな防犯ツールが小売店で販売されています。

強力な認証

ログインとパスワードによる標準の認証に加えて、生体認証を使用します。SUSE Linux Enterprise Serverは、指紋認証をサポートしています。詳細については、Chapter 7, Using the Fingerprint Readerを参照してください。

システム上のデータの保護

重要なデータは転送時のみでなく、ハードディスク上に存在する時点でも暗号化するべきです。これは盗難時の安全性確保にも有効な手段です。SUSE Linux Enterprise Serverでの暗号化パーティンションの作成については、Chapter 11, Encrypting Partitions and Filesに記載されています。また、YaSTによりユーザを追加するときに暗号化されたホームディレクトリを作成できます。

重要
重要: データのセキュリティとディスクへのサスペンド

暗号化パーティションは、ディスクへのサスペンドのイベントの際にもアンマウントされません。それで、これらのパーティション上のデータは、ハードウェアが盗まれた場合、ハードディスクのレジュームを行うことで、誰にでも入手できるようになります。

ネットワークセキュリティ

データの転送には、転送方法に関わらず、セキュリティ保護が必要です。Linuxおよびネットワークに関する一般的なセキュリティ問題については、Chapter 1, Security and Confidentialityを参照してください。無線ネットワークについてのセキュリティ対策は第19章 「無線LANに記載されています。

18.2 モバイルハードウェア

SUSE Linux Enterprise ServerはFireWire (IEEE 1394)またはUSB経由のモバイルストレージデバイスを自動検出します。モバイルストレージデバイスという用語は、FireWire、USBハードディスク、USBフラッシュドライブ、デジタルカメラのいずれにも適用されます。これらのデバイスは、対応するインタフェースを介してシステムに接続されるとすぐに自動的に検出されて設定されます。GNOMEとKDEのファイルマネージャは、いずれもモバイルハードウェアアイテムを柔軟に処理します。これらのメディアを安全にアンマウントするには、いずれかのファイルマネージャのSafely Remove(KDE)機能またはUnmount Volume(GNOME)機能を使用します。

外付けハードディスク(USBおよびFireWire)

システムが外付けハードディスクを正しく認識するとすぐに、外付けハードディスクのアイコンがファイルマネージャに表示されます。アイコンをクリックすると、ドライブの内容が表示されます。ここでフォルダやファイルの作成および編集、削除を実行できます。システムに指定されたハードディスクの名前を変更するには、アイコンを右クリックしたときに開くメニューから、対応するメニューアイテムを選択します。この名前変更はファイルマネージャでの表示に限られています。/mediaにマウントされているデバイスのデスクリプタは、これには影響されません。

USBフラッシュドライブ

システムはこれらのデバイスを外付けハードディスクと同じように扱います。同様にファイルマネージャでエントリの名前変更をすることが可能です。

18.3 携帯電話とPDA

デスクトップシステムまたはラップトップはbluetoothまたはIrDAを介して携帯電話と通信できます。一部のモデルで両方のプロトコルをサポートしていますが、どちらか一方のみしかサポートしていないものもあります。これら2つのプロトコルの使用可能エリア、およびそれぞれの拡張マニュアルは18.1.3.3項 「無線通信」ですでに説明しました。携帯電話側のこれらのプロトコルの設定はそれぞれのマニュアルに記載されています。

Plam社製のハンドヘルドデバイスを用いた同期のサポートはEvolutionおよびKontactにすでに組み込まれています。デバイスとの初期接続はウィザードを利用して簡単に実行できます。Palm Pilotsのサポートを設定したら、同期するデータのタイプ(アドレス、アポイントなど)を決定する必要があります。

18.4 詳細情報

モバイルデバイスおよびLinuxに関連するすべてのお問い合わせはhttp://tuxmobil.org/を参照してください。このWebサイトでは、ラップトップのハードウェア、ソフトウェア、PDA、携帯電話、その他のモバイルハードウェアについて複数のセクションで取り扱います。

http://tuxmobil.org/ではhttp://www.linux-on-laptops.com/、と同様の内容について参照できます。ラップトップおよびハンドヘルドデバイスについての情報はここを参照してください。

SUSEはラップトップを主題としたドイツ語の専用メーリングリストを運営しています。http://lists.opensuse.org/opensuse-mobile-de/を参照してください。このリストではユーザと開発者がSUSE Linux Enterprise Serverでのモバイルコンピューティングに関するあらゆるテーマを話題にしています。英語での投稿には回答されますが、アーカイブされた情報のほとんどはドイツ語です。英語の投稿ではhttp://lists.opensuse.org/opensuse-mobile/を使用します。

OpenSyncの詳細については、http://opensync.org/を参照してください。

このページを印刷