Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
管理ガイド
  1. このガイドについて
  2. I サポートと共通タスク
    1. 1 YaSTオンラインアップデート
    2. 2 サポート用システム情報の収集
    3. 3 テキストモードのYaST
    4. 4 Snapperによるスナップショットとロールバック
    5. 5 VNCによるリモートアクセス
    6. 6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
    7. 7 BashとBashスクリプト
    8. 8 Using Third-Party Software
  3. II システム
    1. 9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
    2. 10 Linuxシステムのブートと設定
    3. 11 ブートローダGRUB
    4. 12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    5. 13 特別なシステム機能
    6. 14 プリンタの運用
    7. 15 udevによる動的カーネルデバイス管理
    8. 16 X Windowシステム
    9. 17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
  4. III モバイルコンピュータ
    1. 18 Linuxでのモバイルコンピューティング
    2. 19 無線LAN
    3. 20 電源管理
    4. 21 タブレットPCの使用
  5. IV サービス
    1. 22 ネットワークの基礎
    2. 23 ネットワーク上のSLPサービス
    3. 24 NTPによる時刻の同期
    4. 25 ドメインネームシステム
    5. 26 DHCP
    6. 27 NetworkManagerの使用
    7. 28 Samba
    8. 29 NFS共有ファイルシステム
    9. 30 ファイルの同期
    10. 31 Apache HTTPサーバ
    11. 32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
    12. 33 Squidプロキシサーバ
    13. 34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
  6. V トラブルシューティング
    1. 35 ヘルプとドキュメント
    2. 36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
  7. A サンプルネットワーク
  8. B GNU Licenses
ナビゲーション
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

1 YaSTオンラインアップデート

Novellは製品に対して、継続的にソフトウェアセキュリティアップデートを提供しています。デフォルトでは、システムを最新の状態に維持するために更新アプレットが使用されます。アップデートアプレットの詳細については、9.4項 「システムのアップデート」を参照してください。この章では、ソフトウェアパッケージをアップデートする代替ツールとして、YaSTオンラインアップデートを紹介します。

SUSE® Linux Enterprise Serverの現在のパッチは、アップデートソフトウェアリポジトリから入手できます。インストール時に製品を登録した場合、アップデートリポジトリはすでに設定されています。SUSE Linux Enterprise Serverを登録しなかった場合は、YaSTで、ソフトウェア › オンラインアップデートの設定の順にクリックし、詳細 › Register for Support and Get Update Repositoryの順に選択します。または、信頼できるソースから、手動でアップデートリポジトリを追加することもできます。リポジトリを追加または削除するには、YaSTで、ソフトウェア › ソフトウェアリポジトリの順に選択して、リポジトリマネージャを起動します。リポジトリマネージャの詳細については、9.3項 「ソフトウェアリポジトリおよびサービスの操作」を参照してください。

注記
注記: アップデートカタログのアクセス時のエラー

アップデートカタログにアクセスできない場合、登録の期限が切れている場合があります。通常、SUSE Linux Enterprise Serverには1年または3年の登録期間があり、この期間内はアップデートカタログにアクセスできます。このアクセスは登録期間が切れると拒否されます。

アップデートカタログへのアクセスが拒否される場合は、ノベルカスタマセンターにアクセスして登録を確認することを推奨する警告メッセージが表示されます。ノベルカスタマセンターには、http://www.novell.com/center/でアクセスできます。

Novellは、各種の関連性レベルを持つアップデートを提供します。

セキュリティアップデート

セキュリティアップデートは、重大なセキュリティハザードを修復するので、必ずインストールする必要があります。

推奨アップデート

コンピュータに損害を与える可能性のある問題を修復します。

オプションアップデート

セキュリティに関連しない問題を修復したり、拡張機能を提供します。

1.1 オンライン更新ダイアログ

YaSTのオンライン更新ダイアログは、2つのツールキットタイプで使用できます(GNOMEの場合はGTK、KDEの場合はQt)。両方のインタフェースは、ルックアンドフィールで異なりますが、基本的に同じ機能を提供します。以降の項では、各インタフェースについて手短に説明します。このダイアログを開くには、YaSTを起動し、ソフトウェア › オンライン更新の順に選択します。または、yast2 online_updateで、コマンドラインからオンラインアップデートを開始します。

1.1.1 KDEインタフェース(Qt)

オンラインアップデートウィンドウは、4つのセクションから成り立っています。

YaSTオンライン更新—Qtインタフェース
図 1.1: YaSTオンライン更新—Qtインタフェース

左側の概要セクションには、SUSE Linux Enterprise Serverの使用可能なパッチが一覧にされます。パッチはセキュリティの関連性によってソートされます(securityrecommended、およびoptional)。概要セクションのビューは、パッチのカテゴリを表示から、以下のオプションの1つを選択することによって変更できます。

Needed Patches(デフォルトビュー)

システムにインストールされたパッケージに適用される、インストールされなかったパッチ。

Unneeded Patches

システムにインストールされていないパッケージに適用されるパッチか、または(該当するセキュリティがすでに別のソースで更新されたので)要件がすでに満たされているパッチ。

すべてのパッチ

SUSE Linux Enterprise Serverで使用可能なすべてのパッチ。

概要セクションの各リストエントリは、記号とパッチ名で構成されています。可能な記号とそれらの意味の概要については、ShiftF1を押してください。SecurityパッチおよびRecommendedパッチで要求されるアクションは、自動的に設定されます。アクションは、自動インストール自動更新、および自動削除です。

アップデートリポジトリ以外のリポジトリから最新のパッケージをインストールする場合、そのパッケージのパッチ要件はそのインストールで満たされる場合があります。この場合、パッチ概要の前にチェックマークが表示されます。パッチは、インストール用にマークするまでリストに表示されます。これによってパッチは実際にはインストールされませんが(パッチはすでに最新であるため)、インストール済みとしてパッチをマークします。

概要セクションでエントリを選択すると、ダイアログの左下隅に短いパッチの説明が表示されます。左上のセクションには、選択されたパッチに含まれているパッケージが一覧されます(パッチは複数のパッケージから成ることがあります)。右上のセクションでエントリをクリックすると、パッチに含まれている各パッケージの詳細が表示されます。

1.1.2 GNOMEインタフェース(GTK)

オンライン更新ウィンドウは、4つの主要セクションから成り立っています。

YaSTオンライン更新—GTKインタフェース
図 1.2: YaSTオンライン更新—GTKインタフェース

右上のセクションに、SUSE Linux Enterprise Serverの使用可能な(またはインストール済みの)パッチが一覧されます。パッチをそのセキュリティ関連性に従ってフィルタするには、ウィンドウの右上のセクションで対応する優先度エントリをクリックします(SecurityRecommendedOptional、または All patches)。

すべての使用可能なパッチがすでにインストール済みの場合は、右上のセクションのパッケージリスト にエントリが表示されません。左下セクションのボックスには、使用可能なパッチとインストール済みパッチの両方の数が表示されます。このビューは、利用可能インストール済み間でトグルできます。

パッケージリストセクションでエントリを選択すると、ダイアログの右下隅にパッチの説明と詳細が表示されます。パッチは複数のパッケージから成ることがあるので、右下のセクションで適用項目をクリックすると、各パッチにどのパッケージが含まれているか見ることができます。

ウィンドウの下側にあるパッチについて詳細情報を表示するには、パッチのエントリをクリックして行を開きます。ここにはパッチの詳細な説明と使用可能なバージョンが表示されます。オプションのパッチをインストールすることも選択できます。[セキュリティ]パッチおよび[推奨]パッチはすでにインストール用に事前選択されています。

1.2 パッチのインストール

YaSTオンラインアップデートのダイアログでは、すべての利用可能なパッチを一度にインストールしたり、システムに適用したいパッチを手動で選択したりできます。システムに適用済みのパッチを元に戻すこともできます。

デフォルトでは、お使いのシステムで現在使用できる新しいパッチ(ただし、optional以外) はすべて、すでにインストール用にマークされています。受諾または適用をクリックすると、これらのパッチが自動的に適用されます。

手順 1.1: YaSTオンラインアップデートによるパッチの適用
  1. YaSTを起動して、ソフトウェア › オンライン更新の順に選択します。

  2. システムで現在使用可能なすべての新しいパッチ(ただし、optional以外)を自動的に適用するには、適用または受諾のクリックで続行して事前選択されているパッチのインストールを開始します。

  3. 適用したいパッチの選択を変更するには:

    1. GTKインタフェースとQtインタフェースが提供するフィルタとビューをそれぞれ使用します。詳細については、1.1.1項 「KDEインタフェース(Qt)」1.1.2項 「GNOMEインタフェース(GTK)」を参照してください。

    2. ニーズと好みに従ってパッチを選択または選択解除するには、各チェックボックスを有効または無効にするか(GNOME)、またはパッチを右クリックしてコンテキストメニューから各アクションを選択します(KDE)。

      重要
      重要: セキュリティアップデートは必ず適用する

      十分な理由がない限り、security関係のパッチは選択解除しないでください。これらのパッチは、重大なセキュリティハザードを修復し、システムの悪用を防ぎます。

    3. 大部分のパッチには、複数のパッケージのアップデートが含まれています。単一パッケージに対するアクションを変更する場合は、パッケージビューでパッケージを右クリックしてアクションを選択します(KDE)。

    4. 選択内容を確認し、選択したパッチを適用するには、適用または受諾をクリックして続行します。

  4. インストールの完了後、完了をクリックして、YaSTのオンライン更新を終了します。これで、システムが最新の状態になりました。

ヒント
ヒント: deltarpmの無効化

デフォルトでは、アップデートは、deltarpmとしてダウンロードされます。deltarpmからのrpmパッケージの再構築は、メモリとプロセッサの容量を消費するので、セットアップまたはハードウェア構成によっては、パフォーマンス上の理由によりdeltarpmの使用を無効にする必要があります。

deltarpmの使用を無効にするには、ファイル/etc/zypp/zypp.confを編集してdownload.use_deltarpmfalseに設定します。

1.3 自動オンラインアップデート

YaSTでは、毎日、毎週、または毎月のスケジュールで自動アップデートを設定することもできます。各モジュールを使用するには、まず、yast2-online-update-configurationパッケージをインストールする必要があります。

手順 1.2: 自動オンラインアップデートの設定
  1. インストール後、YaSTを起動し、ソフトウェア › オンラインアップデートの設定の順に選択します。

    または、コマンドラインから、yast2 online_update_configurationを使用してモジュールを起動します。

  2. 自動オンラインアップデートを有効にします。

  3. 毎日毎週、または毎月のどれで更新するか選択します。

    一部のパッチ(カーネルの更新やライセンス契約を必要とするパッケージなど)は、自動アップデート手順を停止させるユーザ介入を必要とします。

  4. 更新手順を完全に自動的に進行させたい場合は、インタラクティブパッチをスキップするを選択します。

    重要
    重要: パッチのスキップ

    介入を必要とするパッケージのスキップを選択した場合は、時折、オンライン更新を手動で実行して、それらのパッチもインストールしてください。さもないと、重要なパッチをインストールできないことがあります。

  5. ライセンス契約を自動的に受諾するには、ライセンスに同意するを有効にします。

  6. アップデートパッケージによって推奨されるすべてのパッケージを自動的にインストールするには、Include Recommended Packagesを有効にします。

  7. セキュリティや推奨など、カテゴリ別にパッチをフィルタリングするには、Filter by Categoryを有効にしてリストから適切なカテゴリを追加します。選択したカテゴリのパッチのみがインストールされます。それ以外はスキップされます。

  8. 入力した設定を確認して、OKをクリックします。

このページを印刷