Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
管理ガイド
  1. このガイドについて
  2. I サポートと共通タスク
    1. 1 YaSTオンラインアップデート
    2. 2 サポート用システム情報の収集
    3. 3 テキストモードのYaST
    4. 4 Snapperによるスナップショットとロールバック
    5. 5 VNCによるリモートアクセス
    6. 6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
    7. 7 BashとBashスクリプト
    8. 8 Using Third-Party Software
  3. II システム
    1. 9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
    2. 10 Linuxシステムのブートと設定
    3. 11 ブートローダGRUB
    4. 12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    5. 13 特別なシステム機能
    6. 14 プリンタの運用
    7. 15 udevによる動的カーネルデバイス管理
    8. 16 X Windowシステム
    9. 17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
  4. III モバイルコンピュータ
    1. 18 Linuxでのモバイルコンピューティング
    2. 19 無線LAN
    3. 20 電源管理
    4. 21 タブレットPCの使用
  5. IV サービス
    1. 22 ネットワークの基礎
    2. 23 ネットワーク上のSLPサービス
    3. 24 NTPによる時刻の同期
    4. 25 ドメインネームシステム
    5. 26 DHCP
    6. 27 NetworkManagerの使用
    7. 28 Samba
    8. 29 NFS共有ファイルシステム
    9. 30 ファイルの同期
    10. 31 Apache HTTPサーバ
    11. 32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
    12. 33 Squidプロキシサーバ
    13. 34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
  6. V トラブルシューティング
    1. 35 ヘルプとドキュメント
    2. 36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
  7. A サンプルネットワーク
  8. B GNU Licenses
ナビゲーション
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

23 ネットワーク上のSLPサービス

サービスロケーションプロトコル(SLP)は、ローカルネットワークに接続されているクライアントの構成を簡略化するために開発されました。ネットワーククライアントを設定するには、すべての必要なサービスを含め、管理者はネットワークで利用できるサーバに関する詳しい知識が必要とされました。SLPは、ローカルネットワーク上にあるすべてのクライアントに対して特定のサービスを利用できることを通知します。このような通知情報を利用してSLPをサポートする各種アプリケーションを自動的に設定することができます。

SUSE® Linux Enterprise Serverは、SLPによって提供されるインストールソースを使用するインストールをサポートしています。また、多くのシステムサービスは、統合SLPをサポートしています。YaSTとKonquerorは、どちらもSLP用の適切なフロントエンドを持っています。ご利用のシステムでインストールサーバ、ファイルサーバ、印刷サーバなどのSLPを使用することにより、ネットワークに接続されたクライアントに一元的な管理機能を提供します。

重要
重要: SUSE Linux Enterprise ServerでのSLPサポート

SLPサポートを提供するサービスにはcupsd、rsyncd、ypserv、openldap2、ksysguardd、saned、kdm、vnc、login、smpppd、rpasswd、postfix、およびsshd(fish経由)があります。

23.1 インストール

必要なすべてのパッケージがデフォルトでインストールされます。ただし、SLPによりサービスを提供する場合は、パッケージopenslp-serverがインストールされていることを確認します。

23.2 SLPをアクティブ化する

SLPサービスを提供するには、システム上でslpdを実行する必要があります。マシンがクライアントとしてのみ動作し、サービスを提供しない場合は、slpdを実行する必要はありません。SUSE Linux Enterprise Serverのほとんどのシステムサービスと同様に、slpdデーモンは別のinitスクリプトを使用して制御されます。インストール後に、このデーモンはデフォルトで非アクティブになります。一時的にこのデーモンを有効化するには、rcslpd  startrootで実行し、rcslpd  stopで停止します。restartで再始動、またはstatusでステータスチェックを実行します。ブート後にslpdを常にアクティブにする必要がある場合は、YaSTでシステム › システムサービス(ランレベル)の順に選択してslpdを有効にするか、またはinsserv slpdコマンドをrootとして実行します。

23.3 SUSE Linux Enterprise ServerのSLPプロントエンド

ネットワーク内のSLPから提供されているサービスを見つけるには、slptool (openslpパッケージ)などのSLPフロントエンドか、YaSTを使用します。

slptool

slptoolは、ネットワーク内でSLP照会をアナウンスしたり、プロプライエタリサービスをアナウンスするために使用できるコマンドラインプログラムです。slptool --helpは、すべての使用可能なオプションと機能を一覧します。たとえば、現在のネットワークで自己をアナウンスするすべての時間サーバを検索するには、次のコマンドを実行します。

slptool findsrvs service:ntp
YaST

YaSTは、SLPブラウザも提供します。ただし、このブラウザをYaSTコントロールセンターから利用することはできません。このブラウザを起動するには、yast2 slprootユーザとして実行します。サービスの詳細を取得するには、左側にあるサービスタイプをクリックします。

23.4 SLP経由のインストール

ネットワーク内にSUSE Linux Enterprise Serverインストールメディアを持つインストールサーバがある場合は、このメディアをSLPに登録し、SLPを介して提供することができます。詳細については、14.2項 「インストールソースを保持するサーバのセットアップ」を参照してください。SLPインストールが選択されると、選択したブートメディアからシステムがブートして検出されたソースを表示した後に、linuxrcがSLP照会を開始します。

23.5 SLPによるサービスの提供

SUSE Linux Enterprise Serverのアプリケーションの多くはlibslpライブラリを使用することで、最初から統合SLPをサポートしています。サービスがSLPサポートでコンパイルされていない場合は、SLPを介して利用できるように次の方法のいずれかを使用してください。

/etc/slp.reg.dによる静的登録

新規サービスに個別の登録ファイルを作成します。次の例では、スキャナサービスを登録します。

## Register a saned service on this system
## en means english language
## 65535 disables the timeout, so the service registration does
## not need refreshes
service:scanner.sane://$HOSTNAME:6566,en,65535
watch-port-tcp=6566
description=SANE scanner daemon

このファイルで最も重要な行はservice:から開始するサービスURLです。このURLにはサービスタイプ(scanner.sane)および、サーバ上でサービスが使用可能になるアドレスが含まれます。$HOSTNAMEは自動的に完全ホスト名で置き換えられます。その後ろにはサービスごとのTCPポートの名前がコロンで区切られる形で続きます。さらにサービスを表示する場合に使用される言語、登録の期間を秒単位で入力します。これらはコンマを使用してTービスURLと分けるようにします。0から65535で登録期間の値を設定します。0の場合は登録する必要がありません。65535はすべての制限を削除します。

登録ファイルにはまた、2つの変数watch-port-tcpおよびdescriptionが含まれます。watch-tcp-portはSLPサービスアナウンスとリンクして、slpdにサービスのステータスをチェックさせることにより、関連サービスがアクティブかどうか確認します。2つ目の変数には、サービスに関するさらに詳細な説明が含まれており、正しいブラウザを使用している場合に表示されます。

ヒント
ヒント: YaSTとSLP

インストールサーバ、YOUサーバなどのようにYaSTが処理を行うサービスの一部では、モジュールダイアログでSLPがアクティブになった時点で自動的にこの登録が実行されます。続いてYaSTはこれらのサービスの登録ファイルを作成します。

/etc/slp.regによる静的登録

この方法と、/etc/slp.reg.dによる手続きの唯一の違いは、すべてのサービスが中央のファイルにグループ化されることです。

slptoolによる動的登録

設定ファイルなしでサービスを動的に登録する必要がある場合は、slptoolコマンドラインユーティリィティを使用します。同じユーティリィティを使用して、slpdを再起動しないで、既存の提供サービスの登録を取り消すことができます。

23.6 詳細情報

RFC 2608、2609、2610

一般的にRFC 2608はSLPの定義を取り扱います。RFC 2609は、使用されるサービスURLの構文を詳細に扱います。またRFC 2610ではSLPを使用したDHCPについて説明しています。

http://www.openslp.org

OpenSLPプロジェクトのホームページです。

/usr/share/doc/packages/openslp

このディレクトリには、SUSE Linux Enterprise Serverの詳細を含むREADME.SuSE、RFC、および2つの入門的なHTMLドキュメントなど、openslp-serverパッケージ付属のSLPのドキュメントが格納されています。SLP機能を使用するプログラマに役立つより詳細な情報については、openslp-develパッケージに含まれる『プログラマガイド』を参照してください。

このページを印刷