Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

13 YaSTによる言語および国の設定の変更

別の国での作業、多国語環境での操作が必要な場合は、それに対応するコンピュータの設定が必要です。SUSE® Linux Enterprise Server は、複数のロケールを並行して扱うことができます。ロケールは、ユーザインタフェースに反映される言語と国を定義するパラメータのセットです。

主要言語はインストール時に選択され、キーボードとタイムゾーンの設定は調整されています。ただし、システムに追加言語をインストールしたり、インストールした言語のどれをデフォルトするか決定することができます。

それらのタスクでは、13.1項 「システム言語の変更」に説明があるYaSTの言語モジュールを使用します。第一言語以外でアプリケーションまたはデスクトップを起動する必要がある場合は、二次言語をインストールしてオプションのローカライズを適用します。

また、YaSTのタイムゾーンモジュールを使用すると、国を設定し、それに応じてタイムゾーンの設定を調整できます。タイムゾーンモジュールでは、タイムサーバとシステムクロックを同期することもできます。詳細については、13.2項 「国および時間の設定の変更」を参照してください。

13.1 システム言語の変更

デスクトップを使用する方法、およびシステム全体を別の言語に切り替えるかまたはデスクトップ環境のみを切り替えるかに応じて、この操作を行うことができます。

システム言語をグローバルに変更する

13.1.1項 「YaSTでシステムの言語を変更する」および13.1.2項 「デフォルトシステム言語を切り替える」の説明に従って、YaSTで別のローカライズパッケージをインストールし、そのデフォルト言語を設定します。変更内容は再ログインの後に有効になります。システム全体で変更を反映するには、システムを再起動するか、またはすべての実行サービス、アプリケーション、およびプログラムを終了して再起動します。

デスクトップの言語だけを変更する

以下の説明に従ってYaSTを使用してデスクトップ環境に目的の言語パッケージをインストール済みであれば、デスクトップのコントロールセンターを使用してデスクトップの言語を切り替えることができます。Xサーバの再起動後、デスクトップ全体に新たに選択した言語が反映されます。デスクトップフレームワークに属さないアプリケーションでは、この変更が適用されず、YaSTで設定した言語で引き続き表示されることがあります。

1つのアプリケーションの言語だけを一時的に切り替える

1つのアプリケーションのみを、YaSTでインストール済みの別の言語で実行することもできます。そのためには、言語コードを指定して、コマンドラインからそのアプリケーションを起動します(13.1.3項 「個々のアプリケーションの言語を切り替える」参照)。

13.1.1 YaSTでシステムの言語を変更する

YaSTでは、次の2種類の言語カテゴリを認識しています。

第一言語

YaSTに設定された第一言語は、YaSTおよびデスクトップ環境を含んだ、システム全体に適用されます。この言語は、別の言語を手動で指定しない限り、利用可能な場合に常に使用されます。

第二言語

第二言語をインストールして、システムを多言語にします。第二言語としてインストールした言語は、特定の状況で使用するために手動選択できます。たとえば、一定の言語でワープロを行うため、その言語でアプリケーションを起動する場合は、第二言語を使用します。

追加言語をインストールする前に、それらのインストール後にその内のどれをデフォルトのシステム言語(第一言語)にするか決定する必要があります。

YaSTの言語モジュールにアクセスするには、YaSTを起動し、システム › 言語の順にクリックします。または、yast2 language &をユーザrootとしてコマンドラインから実行することにより、言語ダイアログを直接起動します。

手順 13.1: 追加言語をインストールする

追加言語をインストールするときに、YaSTを使用してrootユーザにいくつかのロケールを設定することもできます。ステップ 4を参照してください。/etc/sysconfig/languageファイルのロケール変数(LC_*)をrootユーザに対してどのように設定するかは、rootユーザのロケール設定オプションで指定します。それらを通常ユーザ用と同じロケールに設定するか、言語の変更によってまったく影響されないようにするか、または変数RC_LC_CTYPEだけを通常ユーザ用と同じ値に設定することができます。この変数は、言語固有の関数呼び出しのローカライゼーションを設定します。

  1. YaST言語モジュールで言語を追加するには、第二言語でインストールする言語を選択します。

  2. 言語をデフォルト言語にするには、その言語を第一言語として設定します。

  3. さらに、新しい第一言語に合わせてキーボードを変更し、必要に応じてタイムゾーンを調整します。

    ヒント
    ヒント

    高度なキーボード設定を指定するには、YaSTでハードウェア ›  Keyboard Layout (システムのキーボードレイアウト)の順に選択して該当のダイアログを開きます。高度なタイムゾーン設定を指定するには、YaSTでシステム › 日付と時刻の順に選択して該当のダイアログを開きます。詳細については、13.2項 「国および時間の設定の変更」を参照してください。

  4. rootユーザに固有の言語設定を変更するには、詳細情報をクリックします。

    1. rootユーザのロケール設定を目的の値に設定します。詳細については、ヘルプをクリックします。

    2. rootUTF-8エンコーディングを使用を適用するかどうかを指定します。

  5. ロケールが利用可能な第一言語のリストに含まれていない場合は、詳細なロケール設定で、そのロケールを指定してください。ただし、こうしたローカライズの一部には、不完全なものがあります。

  6. OKをクリックして、ダイアログで行った変更を確認します。第二言語を選択していれば、その追加言語にローカライズされたソフトウェアパッケージがYaSTによってインストールされます。

これで、システムが多言語になります。ただし、第一言語以外の言語でアプリケーションを起動するには、該当する言語を13.1.3項 「個々のアプリケーションの言語を切り替える」の説明どおりに明示的に設定する必要があります。

13.1.2 デフォルトシステム言語を切り替える

  1. デフォルトのシステム言語をグローバルに切り替えるには、YaSTの言語モジュールを起動します。

  2. 第一言語で新しいシステム言語を選択します。

    重要
    重要: 以前のシステム言語の削除

    別の第一言語に切り替えると、以前の第一言語用にローカライズされたソフトウェアパッケージがシステムから削除されます。デフォルトシステム言語を切り替えても、以前の第一言語は追加言語として保持しておきたい場合は、該当するチェックボックスを選択することで、以前の第一言語を第二言語として追加できます。

  3. キーボードとタイムゾーンのオプションを適宜調整します。

  4. OKをクリックして、変更を確認します。

  5. YaSTによって変更内容が適用された後、任意のXセッションを再起動して(たとえば、いったんログアウトして再度ログインします)、YaSTとデスクトップアプリケーションに新しい言語設定が反映されるようにします。

13.1.3 個々のアプリケーションの言語を切り替える

YaSTで各言語をインストールした後、1つのアプリケーションのみを他のアプリケーションとは別の言語で実行できます。

標準のXアプリケーションとGNOMEアプリケーション

次のコマンドで、アプリケーションをコマンドラインから起動します。

LANG=language application

たとえば、f-spotをドイツ語で起動するには、LANG=de_DE f-spotを実行します。他の言語については、適切な言語コードを使用します。利用可能なすべての言語コードのリストは、locale -avコマンドで取得します。

KDEアプリケーション

次のコマンドで、アプリケーションをコマンドラインから起動します。

KDE_LANG=language application

たとえば、digiKamをドイツ語で起動するには、KDE_LANG=de digikamを実行します。他の言語については、適切な言語コードを使用します。

13.2 国および時間の設定の変更

YaSTの日付と時刻モジュールを使用して、システムの日付、時計、およびタイムゾーンの情報を作業地域に合わせて調整します。YaSTのモジュールにアクセスするには、YaSTを起動してシステム › 日付と時刻の順にクリックします。または、yast2 timezone &をユーザrootとしてコマンドラインから実行することにより、時計とタイムゾーンダイアログを直接起動します。

まず、ヨーロッパなどの一般的な地域を選択します。作業地と一致する国(たとえば、ドイツ)を選択します。

ワークステーションで実行されるオペレーティングシステムに応じて、ハードウェアクロックの設定を調整します。

  • マシン上でMicrosoft Windows*などの別のオペレーティングシステムを実行している場合、システムでは、UTCではなく、ローカルタイムを使用している可能性があります。この場合は、Hardware Clock Set To UTCをオフにします。

  • コンピュータでLinuxだけを実行する場合は、ハードウェアクロックをUTCに設定し、標準時間から夏時間への切り換えを自動的に実行させます。

日付と時刻を手動で変更するか、またはNTPサーバに対してマシンを永続的に同期するか、またはハードウェアの時刻のみを調整するかを選択できます。

手順 13.2: 日付と時刻を手動で調整する
  1. YaSTタイムゾーンモジュールで、変更をクリックして日付と時刻を設定します。

  2. 手動を選択し、日時の値を入力します。

  3. 受諾をクリックして、変更内容を確認します。

手順 13.3: NTPサーバにより日付と時刻を設定する
  1. 日付と時刻を変更するには、時刻と日付の変更をクリックします。

  2. Synchronize with NTP Serverを選択します。

  3. まだ入力されていない場合は、NTPサーバのアドレスを入力します。

  4. 今すぐ同期をクリックして、システム時間を正しく設定します。

  5. NTPを永続的に利用する場合は、Save NTP Configurationを有効にします。

  6. 設定ボタンをクリックすると、[高度なNTP設定]を開くことができます。詳細については、24.1項 「YaSTでのNTPクライアントの設定」を参照してください。

  7. 受諾をクリックして、変更内容を確認します。

このページを印刷