Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

13 Linux用iSNS

ストレージエリアネットワーク(SAN)には、複数のネットワークにまたがる多数のディスクドライブを使用できます。これによって、デバイス検出とデバイスの所有権の判定が難しくなります。iSCSIイニシエータはSANのストレージリソースを識別し、どれにアクセスできるか判定できる必要があります。

Internet Storage Name Service (iSNS)は、TCP/IPネットワーク上のiSCSIデバイスの自動化された検出、管理、および設定を容易にする、標準ベースのサービスです。iSNSでは、ファイバチャネルネットワークと同等の知的なストレージの検出および管理のサービスを提供します。

重要
重要

iSNSは安全な社内ネットワークだけで使用してください。

13.1 iSNSのしくみ

iSCSIイニシエータがiSCSIターゲットを検出するには、ネットワークのどのデバイスがストレージリソースで、アクセスするにはどのIPアドレスが必要かを特定する必要があります。iSNSサーバへクエリすると、iSCSIターゲットとイニシエータがアクセス許可をもつIPアドレスのリストが返されます。

iSNSを使用してiSNS検出ドメインと検出ドメインセットを作成します。次に、iSCSIターゲットとイニシエータを検出ドメインにグループ化またはまとめて、検出ドメインを検出ドメインセットにグループ化します。多くのストレージノードを複数のドメインに振り分けることで、各ホストの検出プロセスをiSNSで登録された最適なターゲットのサブセットに限定でき、これによって、不要な検出を削減し、各ホストが検出関係の確立に費やす時間を制限することで、ストレージネットワークの規模を調整できるようになります。このようにして、ディスカバリ対象のターゲットとイニシエータの数を制御し、簡略化できます。

iSNS検出ドメインと検出ドメインセット
図 13.1: iSNS検出ドメインと検出ドメインセット

iSCSIターゲットとiSCSIイニシエータは両方とも、iSNSクライアントを使用して、iSNSプロトコルによるiSNSサーバとのトランザクションを開始します。iSCSIターゲットとiSCSIイニシエータは、次にデバイス属性情報を共通検出ドメインに登録し、その他の登録されたクライアント情報をダウンロードし、検出ドメインで発生したイベントの非同期通知を受け取ります。

iSNSサーバは、iSNSプロトコルクエリとiSNSクライアントがiSNSプロトコルを使用して作成した要求に応答します。iSNSサーバはiSNSプロトコル状態変更通知を開始し、登録要求から送られてきた適切に認証された情報をiSNSデータベースに保存します。

Linux向けiSNSには、次のようなメリットがあります。

  • ネットワーク接続させたストレージ資産の登録、検出、管理に役立つ情報を提供する。

  • DNSインフラストラクチャと統合する。

  • iSCSIストレージの登録、検出、管理を統合する。

  • ストレージ管理の実装が簡素化される。

  • その他のディスカバリ方法よりもスケーラビリティが向上する。

次のシナリオは、iSNSのメリットについて具体的に説明したものです。

100個のiSCSIイニシエータと100個のiSCSIターゲットが会社にあるとします。設定によっては、すべてのiSCSIイニシエータが100個のiSCSIターゲットを検出して接続しようとする可能性があります。このため、検出や接続が困難になる場合があります。イニシエータとターゲットをいくつかの検出ドメインにグループ化することで、ある部門のiSCSIイニシエータが別の部門のiSCSIターゲットを検出しないようにできます。その結果、特定部門のiSCSIイニシエータは、その部門の検出ドメインに属するiSCSIターゲットしか検出しません。

13.2 Linux用iSNSサーバのインストール

SLES 10 SP2以降のバージョンには、Linux用iSCSIサーバが含まれていますが、このサーバは、デフォルトでは、インストールも設定もされません。したがって、iSNSパッケージモジュール (isnsモジュールおよびyast2-isnsモジュール)をインストールし、iSNSサービスを設定する必要があります。

注記
注記

iSNSは、iSCSIターゲットまたはiSCSIイニシエータのソフトウェアがインストールされる同じサーバにインストールできます。ただし、iSCSIターゲットソフトウェアとiSCSIイニシエータソフトウェアの両方を同じサーバにインストールすることはできません。

Linux向けiSNSをインストールするには、次の手順に従います。

  1. YaSTを起動して、ネットワークサービスiSNSサーバを選択します。

  2. isnsパッケージのインストールを促されたら、 Install(インストール)をクリックします。

  3. インストールの指示に従って、SUSE Linux Enterprise Server 11のインストールディスクを挿入します。

    インストールが完了すると、iSNSサービスの設定ダイアログボックスが、自動的に、サービスタブを開いた状態で表示されます。

  4. iSNSサーバのアドレスで、iSNSサーバのDNS名またはIPアドレスを指定します。

  5. Service Start(サービスの開始)で、次のオプションの1つを選択します。

    • ブート時: iSNSサービスは、サーバの起動時に自動的に開始します。

    • 手動(デフォルト): サービスを開始するには、iSNSのインストール先サーバのサーバコンソールで、rcisns startまたは/etc/init.d/isns startを入力する必要があります。

  6. 次のファイアウォール設定を指定します。

    • Open Port in Firewall(ファイアウォールのポートを開く): このチェックボックスを選択して、ファイアウォールを開き、リモートコンピュータからサービスにアクセスできるようにします。ファイアウォールのポートは、デフォルトでは閉じています。

    • ファイアウォールの詳細: ファイアウォールのポートを開いた場合、デフォルトでは、ポートがすべてのネットワークインタフェースで開きます。ポートを開くインタフェースを選択するには、Firewall Details(ファイアウォールの詳細)をクリックし、使用するネットワークインタフェースを選択し、次に、OKをクリックします。

  7. 完了をクリックして、設定を適用し、インストールを完了します。

  8. 13.3項 「iSNS検出ドメインの設定」に進みます。

13.3 iSNS検出ドメインの設定

iSCSIイニシエータおよびターゲットでiSNSサービスを使用するには、これらが検出ドメインに属している必要があります。

重要
重要

iSNS検出ドメインを設定するには、iSNSサービスがインストール済みで、実行されている必要があります。詳細については、13.4項 「iSNSの起動」を参照してください。

13.3.1 iSNS検出ドメインの作成

iSNSサービスをインストールすると、デフォルトDDというデフォルトの検出ドメインが自動的に作成されます。iSNSを使用するように設定されている既存のiSCSIターゲットとイニシエータは、デフォルト検出ドメインに自動的に追加されます。

新しい検出ドメインを作成するには、次の手順に従います。

  1. YaSTを起動して、ネットワークサービスの下でiSNSサーバを選択します。

  2. 検出ドメインタブをクリックします。

    検出ドメインの領域にすべての検出ドメインがリストされます。新しい検出ドメインを作成したり、既存のドメインを削除できます。ドメインを削除すると、そのドメインからメンバーが削除されますが、iSCSIノードメンバーは削除されません。

    検出ドメインメンバーの領域に、選択した検出ドメインに割り当てられているすべてのiSCSIノードがリストされます。別の検出ドメインを選択すると、その検出ドメインからのメンバーで、リストが更新されます。選択した検出ドメインからiSCSIノード を追加したり、削除できます。iSCSIノード を削除すると、そのノードは、ドメインから削除されますが、iSCSIノード自体は削除されません。

    iSCSIノード を作成すると、未登録のノード を検出ドメインのメンバーとして追加できます。iSCSIイニシエータまたはiSCSIターゲットがこのノード を登録すると、このノード は、このドメインの一部となります。

    iSCSIイニシエータが検出要求を発行すると、iSNSサービスは同じ検出ドメイン内のメンバーであるすべてのiSCSIノードターゲットを返します。

  3. 検出ドメインの作成ボタンをクリックします。

    既存の検出ドメインを選択して削除ボタンをクリックして、その検出ドメインを削除できます。

  4. 作成している検出ドメインの名前を指定して、OKをクリックします。

  5. 13.3.2項 「iSNS検出ドメインセットの作成」に進みます。

13.3.2 iSNS検出ドメインセットの作成

検出ドメインは検出ドメインセットに属している必要があります。検出ドメインを作成してこの検出ドメインにノードを追加できますが、これはアクティブではないため、iSNSサービスは検出ドメインを検出ドメインセットに追加するまで機能しません。iSNSをインストールすると、デフォルトDDSというデフォルトの検出ドメインセットが自動的に作成され、デフォルトの検出ドメインは自動的にこのドメインセットに追加されます。

検出ドメインセットを作成するには、次の手順に従います。

  1. YaSTを起動して、ネットワークサービスの下でiSNSサーバを選択します。

  2. 検出ドメインセットタブをクリックします。

    検出ドメインセット領域に、すべての検出ドメインセットがリストされます。検出ドメインをアクティブでするには、その検出ドメインを検出ドメインセットのメンバーでする必要があります。

    iSNSデータベースでは、検出ドメインセットは検出ドメインを包含し、検出ドメインはiSCSIノードメンバーを包含します。

    検出ドメインセットのメンバー領域に、選択した検出ドメインセットに割り当てられているすべての検出ドメインがリストされます。別の検出ドメインセットを選択すると、その検出ドメインセットからのメンバーで、リストが更新されます。選択した検出ドメインセットから検出ドメインを追加したり、削除できます。検出ドメインを削除すると、その検出ドメインは、検出ドメインセットから削除されますが、検出ドメイン自体は削除されません。

    検出ドメインをセットに追加すると、まだ登録されていないiSNS検出ドメインを、検出ドメインセットのメンバーとして追加できます。

  3. 検出ドメインセットの作成ボタンをクリックします。

    既存の検出ドメインセットを選択して削除ボタンをクリックして、その検出ドメインセットを削除できます。

  4. 作成している検出ドメインセットの名前を指定して、OKをクリックします。

  5. 13.3.3項 「iSCSIノードの検出ドメインへの追加」に進みます。

13.3.3 iSCSIノードの検出ドメインへの追加

  1. YaSTを起動して、ネットワークサービスの下でiSNSサーバを選択します。

  2. iSCSIノードタブをクリックします。

  3. ノード のリストをレビューして、iSNSサービスを使用させたい iSCSIターゲットおよびイニシエータがリストされていることを確認します。

    iSCSIターゲットまたはイニシエータが一覧にない場合、ノード上のiSCSIサービスを再起動する必要があります。これは、rcopen-iscsi restartコマンドを実行してイニシエータを再起動するか、またはrciscsitarget restartコマンドでターゲットを再起動して実行します。

    iSCSIノードを選択して削除ボタンをクリックして、そのノードをiSNSデータベースから削除できます。iSCSIノードをもう使用しない場合や名前を変更した場合に有効です。

    iSCSI環境設定ファイルのiSNSの部分を削除したりコメント化していない限り、iSCSIノードは、iSCSIサービスの再開始時またはサーバの再起動時に、リスト(iSNSデータベース)に自動的に追加されます。

  4. 検出ドメインタブをクリックして該当する検出ドメインを選択し、メンバーの表示ボタンをクリックします。

  5. Add existing iSCSI Nodeをクリックしてドメインに追加するノードを選択し、ノードの追加をクリックします。

  6. 検出ドメインに追加するノードの数だけステップ 5を繰り返し、ノードの追加が終了したら完了をクリックします。

    iSCSIノードは複数の検出ドメインに属すことができます。

  7. 13.3.4項 「検出ドメインの検出ドメインセットへの追加」に進みます。

13.3.4 検出ドメインの検出ドメインセットへの追加

  1. YaSTを起動して、ネットワークサービスの下でiSNSサーバを選択します。

  2. 検出ドメインセットタブをクリックします。

  3. Create Discovery Domain Setを選択して、新しいセットを検出ドメインセットのリストに追加します。

  4. 変更する検出ドメインを選択します。

  5. 検出ドメインの追加をクリックして検出ドメインセットに追加する検出ドメインを選択し、検出ドメインの追加をクリックします。

  6. 検出ドメインセットに追加する検出ドメインについて最後のステップを繰り返して、完了をクリックします。

    検出ドメインは複数の検出ドメインセットに属すことができます。

13.4 iSNSの起動

iSNSは、インストール先のサーバで起動する必要があります。端末コンソールで、rootユーザとして、次のコマンドの1つを入力します。

rcisns start
/etc/init.d/isns start

iSNSでは、stopstatusrestartの各オプションも使用できます。

iSNSはサーバの再起動時に自動的に起動するように設定することもできます。

  1. YaSTを起動して、ネットワークサービスの下でiSNSサーバを選択します。

  2. サービスタブを選択して、iSNSサーバのIPアドレスを指定して、SaveAddressを選択します。

  3. 画面のサービスの開始セクションで、ブート時を選択します。

    iSNSサーバを手動で起動することもできます。この場合、rcisns startコマンドを使用して、サーバを再起動するときにサービスを毎回起動する必要があります。

13.5 iSNSの停止

iSNSは、それが実行中のサーバで停止させる必要があります。端末コンソールで、rootユーザとして、次のコマンドの1つを入力します。

rcisns stop
/etc/init.d/isns stop

13.6 詳細情報

詳細については、「Linux iSNS for iSCSI project」を参照してください。プロジェクトの電子メールリストは、「Linux iSNS - Discussion」に掲載されています。

iSNSの一般情報は、「RFC 4171: Internet Storage Name Service」に記載されています。