Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

パート IV 自動インストール

21 自動インストール

AutoYaSTを使用して、多数のマシンに並行してSUSE® Linux Enterpriseをインストールできます。AutoYaST技術は、異種ハードウェア環境への導入に対して柔軟に対応します。この章では、単純な自動インストールを行うための準備作業、および異種ハードウェア環境の場合の高度なインストール方法について説明します。

22 SUSE Linux Enterprise 11 SP2から11 SP3への自動アップグレード

SUSE Linux Enterprise 11 SP2からSUSE Linux Enterprise 11 SP3への大規模な無人アップグレードを行うには、以下の手順を使用します。適切なAutoYaSTプロファイルの作成には、いくつかの準備ステップが必要です。最終的に、AutoYaSTがアップグレードプロセスを実行します。

23 プリロードイメージの自動展開

KIWIを使用して、オペレーティングシステムイメージを作成できます。この章では、空のクライアントマシンにシステムイメージを展開するプロセスについて説明します。これを行なうには、ブート可能なRAWイメージを含むプリロードイメージを作成する必要があります。このファイルにはパーティションテーブルと、実際のオペレーティングシステムという2つの重要な部分が含まれます。このRAWイメージは空のハードディスクに書き込まれ、オペレーティングシステムは残りのディスクスペースを初回起動時に拡張します。

このページを印刷