Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
管理ガイド
  1. このガイドについて
  2. I サポートと共通タスク
    1. 1 YaSTオンラインアップデート
    2. 2 サポート用システム情報の収集
    3. 3 テキストモードのYaST
    4. 4 Snapperによるスナップショットとロールバック
    5. 5 VNCによるリモートアクセス
    6. 6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
    7. 7 BashとBashスクリプト
    8. 8 Using Third-Party Software
  3. II システム
    1. 9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
    2. 10 Linuxシステムのブートと設定
    3. 11 ブートローダGRUB
    4. 12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    5. 13 特別なシステム機能
    6. 14 プリンタの運用
    7. 15 udevによる動的カーネルデバイス管理
    8. 16 X Windowシステム
    9. 17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
  4. III モバイルコンピュータ
    1. 18 Linuxでのモバイルコンピューティング
    2. 19 無線LAN
    3. 20 電源管理
    4. 21 タブレットPCの使用
  5. IV サービス
    1. 22 ネットワークの基礎
    2. 23 ネットワーク上のSLPサービス
    3. 24 NTPによる時刻の同期
    4. 25 ドメインネームシステム
    5. 26 DHCP
    6. 27 NetworkManagerの使用
    7. 28 Samba
    8. 29 NFS共有ファイルシステム
    9. 30 ファイルの同期
    10. 31 Apache HTTPサーバ
    11. 32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
    12. 33 Squidプロキシサーバ
    13. 34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
  6. V トラブルシューティング
    1. 35 ヘルプとドキュメント
    2. 36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
  7. A サンプルネットワーク
  8. B GNU Licenses
ナビゲーション
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

パート IV サービス

22 ネットワークの基礎

Linuxには、あらゆるタイプのネットワークストラクチャに統合するために必要なネットワークツールと機能が用意されています。ネットワークカード、モデム、その他のデバイスを使用したネットワークアクセスは、YaSTで設定できます。手動による環境設定も可能です。この章では、基本的メカニズムと関連のネットワーク設定ファイルのみを解説します。

23 ネットワーク上のSLPサービス

サービスロケーションプロトコル(SLP)は、ローカルネットワークに接続されているクライアントの構成を簡略化するために開発されました。ネットワーククライアントを設定するには、すべての必要なサービスを含め、管理者はネットワークで利用できるサーバに関する詳しい知識が必要とされました。SLPは、ローカルネットワーク上にあるすべてのクライアントに対して特定のサービスを利用できることを通知します。このような通知情報を利用してSLPをサポートする各種アプリケーションを自動的に設定することができます。

24 NTPによる時刻の同期

NTP (network time protocol)メカニズムは、システムの時刻をネットワーク上で同期させるためのプロトコルです。最初に、マシンは信頼できる時刻を持つサーバに時刻を照会できます。次に、ネットワーク上の他のコンピュータがこのマシン自体に対し、時刻を照会できます。目的は2つあり、絶対的な時間を維持することと、ネットワーク内のすべてのマシンのシステム時刻を同期させることです。

25 ドメインネームシステム

DNS (ドメインネームシステム)は、ドメイン名とホスト名をIPアドレスに解決するために必要です。これにより、たとえばIPアドレス192.168.2.100がホスト名jupiterに割り当てられます。独自のネームサーバをセットアップする前に、22.3項 「ネームレゾリューション」で DNS に関する一般的な説明を参照してください。以降に示す設定例はBINDの場合のものです。

26 DHCP

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)の目的は、ネットワーク設定を各ワークステーションでローカルに行うのではなく、(サーバから)一元的に割り当てることです。DHCPを使用するように設定されたクライアントは、自身の静的アドレスを制御できません。サーバからの指示に従って、すべてが自動的に設定されるからです。クライアント側でNetworkManagerを使用する場合は、クライアントを設定する必要はありません。これは、環境を変更し、一度に1つのインタフェースしかない場合に便利です。DHCPサーバが実行しているマシン上ではNetworkManagerを使用しないでください。

27 NetworkManagerの使用

NetworkManagerは、ラップトップなどの携帯用コンピュータのための理想的なソリューションです。NetworkManagerは、802.1x保護ネットワークへの接続など、ネットワーク接続のための最新の暗号化タイプおよび標準をサポートしています。802.1Xは、「IEEE Standard for Local and Metropolitan Area Networks—Port-Based Network Access Control」(ポートごとにネットワークアクセスの制御を行う、ローカル/メトロポリタンエリアネットワーク向け IEEE 標準)です。「」NetworkManagerを…

28 Samba

Sambaを使用すると、Mac OS X、Windows、OS/2マシンに対するファイルサーバおよびプリントサーバをUnixマシン上に構築できます。Sambaは、今や成熟の域に達したかなり複雑な製品です。Sambaは、YaSTまたはSWAT (Webインタフェース)を使用するか、設定ファイルを手動で編集して設定します。

29 NFS共有ファイルシステム

ネットワーク上でファイルシステムを分散して共有することは、企業環境では一般的なタスクです。十分に実績のあるネットワークファイルシステム (NFS)は、NIS (Yellow Pagesプロトコル)と連携して機能します。LDAPと連携して機能し、Kerberosも使用できるより安全なプロトコルについては、NFSv4をチェックしてください。pNFSとの組み合わせで、パフォーマンスのボトルネックをなくすことができます。

NFSをNISと連携して使用すると、ネットワークをユーザに対して透過的にすることができます。NFSでは、ネットワーク経由で任意のファイルシステムを分散できます。適切なセットアップを行えば、現在どの端末を使用しているかに係わりなく、常に同じ環境で作業できます。

30 ファイルの同期

今日、多くの人々が複数のコンピュータを使用しています。自宅に1台、職場に1台またはそれ以上、外出時にラップトップ、タブレット、またはスマートフォンを携帯することも珍しくありません。これらすべてのコンピュータには、多くのファイルが必要です。すべてのコンピュータで最新バージョンのデータを使用できるように、どのコンピュータでも作業ができて、ファイルの変更ができればと考えるでしょう。

31 Apache HTTPサーバ

Apache HTTPサーバ(Apache)は、世界で 50%を超える市場シェアを持つ、最も広く利用されていWebサーバです(http://www.netcraft.com/の調査)。Apacheは、Apache Software Foundation (http://www.apache.org/)により開発され、ほとんどのオペレーティングシステムに対応しています。SUSE® Linux Enterprise Serverには、Apache version 2.2が付属しています。この章では、Webサーバのインストール、環境設定、設定方法、SSL、CGI、その他のモジュールの使用方法、およびApacheのトラブルシューティング方法について説明します。

32 YaSTを使用したFTPサーバの設定

YaST FTPサーバモジュールを使用すると、コンピュータをFTP (File Transfer Protocol)サーバとして機能するように設定できます。匿名および/または認証されたユーザがコンピュータに接続し、FTPプロトコルを使用してファイルをダウンロードできます。設定によっては、それらのユーザがFTPサーバにファイルをアップロードすることも可能です。YaSTは、システムにインストールされたFTPサーバデーモンに対して、統一された設定インタフェースを提供しています。

33 Squidプロキシサーバ

Squidは、LinuxおよびUNIXプラットフォームで普及しているプロキシキャッシュです。これは、WebまたはFTPサーバなど、要求されたインターネットオブジェクトを、サーバよりも要求しているワークステーションに近いマシン上に格納することを意味します。Squidは、応答時間や低帯域幅の使用を最適化するために複数の階層上でセットアップされます。エンドユーザにとって透過的なモードである場合さえあります。squidGuardを利用すれば、Webコンテンツをフィルタリングすることができます。

34 SFCBを使用したWebベースの企業管理

このページを印刷