Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
管理ガイド
  1. このガイドについて
  2. I サポートと共通タスク
    1. 1 YaSTオンラインアップデート
    2. 2 サポート用システム情報の収集
    3. 3 テキストモードのYaST
    4. 4 Snapperによるスナップショットとロールバック
    5. 5 VNCによるリモートアクセス
    6. 6 コマンドラインツールによるソフトウェアの管理
    7. 7 BashとBashスクリプト
    8. 8 Using Third-Party Software
  3. II システム
    1. 9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション
    2. 10 Linuxシステムのブートと設定
    3. 11 ブートローダGRUB
    4. 12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    5. 13 特別なシステム機能
    6. 14 プリンタの運用
    7. 15 udevによる動的カーネルデバイス管理
    8. 16 X Windowシステム
    9. 17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス
  4. III モバイルコンピュータ
    1. 18 Linuxでのモバイルコンピューティング
    2. 19 無線LAN
    3. 20 電源管理
    4. 21 タブレットPCの使用
  5. IV サービス
    1. 22 ネットワークの基礎
    2. 23 ネットワーク上のSLPサービス
    3. 24 NTPによる時刻の同期
    4. 25 ドメインネームシステム
    5. 26 DHCP
    6. 27 NetworkManagerの使用
    7. 28 Samba
    8. 29 NFS共有ファイルシステム
    9. 30 ファイルの同期
    10. 31 Apache HTTPサーバ
    11. 32 YaSTを使用したFTPサーバの設定
    12. 33 Squidプロキシサーバ
    13. 34 SFCBを使用したWebベースの企業管理
  6. V トラブルシューティング
    1. 35 ヘルプとドキュメント
    2. 36 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法
  7. A サンプルネットワーク
  8. B GNU Licenses
ナビゲーション
適用先 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

パート II システム

9 64ビットシステム環境での32ビットと64ビットのアプリケーション

SUSE® Linux Enterprise Serverは複数の64ビットプラットフォームで利用できます。ただし、付属のすべてのアプリケーションが64ビットプラットフォームに移植されている訳ではありません。SUSE Linux Enterprise Serverは、64ビットシステム環境での32ビットアプリケーションの使用をサポートしています。この章では、このサポートを64ビットのSUSE Linux Enterprise Serverプラットフォームで実装する方法について簡潔に説明します。また、32ビットアプリケーションの実行方法(ランタイムサポート)、および32ビットと64ビットのシステ…

10 Linuxシステムのブートと設定

Linuxシステムのブートには、さまざまなコンポーネントが関係しています。ハードウェアはBIOSにより初期化され、BIOSはブートローダでカーネルを起動します。それ以後は、オペレーティングシステムがinitとランレベルを含むブートプロセスを完全にコントロールします。ランレベルのコンセプトにより、日常使用のセットアップを保持できるほか、システム上でタスクを保守することもできます。

11 ブートローダGRUB

この章では、SUSE® Linux Enterprise Serverで使用されているブートローダGRUB (Grand Unified Bootloader)の設定方法について説明します。すべての設定操作には、特殊なYaSTモジュールを使用できます。Linuxでのブートに不慣れな場合は、以降の各セクションを読んで背景情報を理解してください。また、この章では、でのブート時に頻繁に発生する問題とその解決策についても説明します。

12 UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)

UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) は、システムハードウェアに付属のファームウェア、システムのすべてのハードウェアコンポーネント、およびオペレーティングシステムの間のインタフェースです。

13 特別なシステム機能

この章では、まず、さまざまなソフトウェアパッケージ、バーチャルコンソール、およびキーボードレイアウトについて説明します。bashcron、およびlogrotateといったソフトウェアコンポーネントについても説明します。これらは、前回のリリースサイクルで変更または強化されたからです。これらのコンポーネントはそれほど重要ではないと思われるかもしれませんが、システムと密接に結びついているものなので、デフォルトの動作を変更したい場合もあることでしょう。この章の最後では、言語および国固有設定(I18NおよびL10N)について説明します。

14 プリンタの運用

SUSE® Linux Enterprise Serverは、リモートネットワークプリンタも含め、さまざまな種類のプリンタを使った印刷をサポートしています。プリンタは手動で設定することも、YaSTを使用して設定することもできます。設定の詳細については、8.5項 「プリンタの設定」を参照してください。プリントジョブの開始、管理には、グラフィカルインタフェースまたはコマンドラインユーティリティの両方を利用できます。 プリンタが正常に動作しない場合は、14.7項 「トラブルシューティング」を参照してください。

15 udevによる動的カーネルデバイス管理

カーネルは、実行中のシステムのほぼすべてのデバイスを追加または削除できます。デバイス状態の変更(デバイスが接続されているか、または取り外されたか)をユーザスペースに反映させる必要があります。デバイスは、接続後、検出されるとすぐに設定されなければなりません。特定のデバイスのユーザは、このデバイスの認識された状態が変更された場合は通知される必要があります。udevは、/devディレクトリのデバイスノートファイルおよびシンボリックリンクを動的に維持するために必要なインフラストラクチャを提供します。udev規則は、外部ツールをカーネルデバイスイベント処理に接続する方法を提供します。これにより、カーネル…

16 X Windowシステム

X Window System (X11)は、UNIX系のグラフィカルユーザインタフェースで、事実上の標準となっています。Xはネットワークベースであり、あるホスト上で起動されたアプリケーションを、任意のネットワーク(LAN やインターネット)を介して接続されている他のホスト上で表示できるようにします。この章ではX Window System環境のセットアップと最適化について説明し、SUSE® Linux Enterprise Serverでのフォントの使用の背景情報を記載しています。

17 FUSEによるファイルシステムへのアクセス

FUSEは、file system in userspaceの頭字語です。これは、特権のないユーザとしてファイルシステムを設定およびマウントできることを意味します。通常、このタスクを行うためには、rootにいる必要があります。FUSE自体は、カーネルモジュールです。FUSEは、プラグインと組み合わせることで、ほとんどすべてのファイルシステムにアクセスするように拡張できます(リモートSSH接続、ISOイメージなど)。.

このページを印刷