目次にジャンプページナビゲーションにジャンプ: 前のページ[アクセスキーp]/次のページ[アクセスキーn]
documentation.suse.com / SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル / ストレージ管理ガイド / ソフトウェアRAID / ルートパーティション用のソフトウェアRAIDの設定
適用項目 SUSE Linux Enterprise Server 15

8 ルートパーティション用のソフトウェアRAIDの設定

SUSE Linux Enterprise Serverでは、Device Mapper RAIDツールがYaSTパーティショナに統合されています。インストール時にパーティショナを使用して、ルート(/)パーティションを含むシステムデバイス用にソフトウェアRAIDを作成することができます。/bootパーティションは、RAID 1以外のRAIDパーティションには保存できません。

8.1 ルートパーティション用のソフトウェアRAIDデバイスを使用するための前提条件

設定が次の要件を満たしていることを確認してください。

  • RAID 1のミラーリングデバイスを作成するため、2つのハードドライブが必要です。ハードドライブは類似のサイズで構成する必要があります。RAIDは小さい方のドライブのサイズを採用します。ブロックストレージデバイスには、ローカル(マシンに内蔵、または直結されたもの)、ファイバチャネルストレージサブシステム、またはiSCSIストレージサブシステムを自由に組み合わせることができます。

  • ブートローダをMBRにインストールする場合、/boot用の別のパーティションは必要ありません。ブートローダをMBRにインストールすることが不可能な場合は、/bootが別個のパーティションに存在する必要があります。

  • UEFIマシンの場合、専用の/boot/efiパーティションを設定する必要があります。これはVFATフォーマットである必要があります。RAID 1デバイスに配置されていれば、/boot/efiが存在する物理ディスクに障害が発生した場合にブートの問題を回避できます。

  • ハードウェアRAIDデバイスを使用している場合は、その上でソフトウェアRAIDを実行しようとしないでください。

  • iSCSIターゲットデバイスをご使用の場合は、RAIDデバイスを作成する前にiSCSIイニシエータサポートを有効にする必要があります。

  • ご使用のストレージサブシステムが、ソフトウェアRAIDを使用する予定の直接接続されたローカルデバイス、ファイバチャネルデバイス、またはiSCSIデバイスとサーバの間で複数のI/Oパスを提供している場合は、RAIDデバイスを作成する前に、マルチパスサポートを有効にしなければなりません。

8.2 ルート(/)パーティションにソフトウェアRAIDデバイスを使用するシステムの設定

  1. YaSTを使用してインストールを開始し、推奨されたパーティション分割の手順に到達するまで、第8章 「インストール手順の説明に従って進めます。

  2. エキスパートパーティショナをクリックして、カスタムパーティショニングツールを開きます。

  3. (オプション)使用したいiSCSIターゲットデバイスがある場合、画面右下のセクションで設定 › Configure iSCSI (iSCSIの設定)の順に選択して、iSCSIイニシエータソフトウェアを有効にする必要があります。詳細については、第14章 「IPネットワークの大容量記憶域 - iSCSIを参照してください。

  4. (オプション)使用したいデバイスへのI/Oパスが複数存在する場合、画面右下のセクションで設定 › マルチパスの設定 › はいの順に選択して、マルチパスサポートを有効にする必要があります。

  5. (オプション)iSCSIもマルチパスも設定していない場合は、デフォルトの推奨設定が表示されます。デバイスの再検出をクリックすると、それらは削除されます。

  6. ソフトウェアRAIDに使用する各デバイスの0xFD Linux RAIDフォーマットを設定します。//boot/efi、またはスワップパーティションにはRAIDを使用する必要があります。

    1. 左パネルでハードディスクを選択し、使用するデバイスを選択してからパーティションの追加をクリックします。

    2. 新しいパーティションの種類で、プライマリパーティションを選択し、次に次へをクリックします。

    3. 新しいパーティションのサイズで、使用するサイズを指定し、次に次へをクリックします。

    4. 役割Raw Volume (Unformatted) (RAWボリューム(未フォーマット))を選択します。

    5. フォーマットしないを選択し、ファイルシステムID0xFD Linux RAIDに設定します。

    6. 終了をクリックし、2番目のパーティションに対して同じ手順を繰り返します。

      Image
  7. /パーティション用のRAIDデバイスを作成します。

    1. 左パネルでRAIDを選択し、RAIDの追加を選択します。

    2. /パーティションに対して目的のRAID種類を設定し、RAID名systemに設定します。

    3. 前の手順で準備した2つのRAIDデバイスを使用可能なデバイスから選択し、追加をクリックして追加します。

      Image

      次へで続行します。

    4. RAIDオプションで、ドロップダウンボックスからチャンクサイズを選択します。デフォルト値をそのまま使用するのが安全です。

    5. 役割で、オペレーティングシステムを選択し、完了で続行します。

    6. ファイルシステムを選択し、マウントポイントを/に設定します。完了をクリックして、このダイアログを終了します。

  8. ソフトウェアRAIDデバイスはデバイスマッパーによって管理され、デバイスを/dev/md/systemパスの下に作成します。

  9. UEFIマシンに対し、同様の手順を使用して、/boot/efiにマウントされるパーティションを作成することもできます。/boot/efiでサポートされるのはRAID 1のみであること、およびパーティションがFATファイルシステムでフォーマットされている必要があることを忘れないでください。

    RAID上の/、/boot/efi、およびスワップ
    図 8.1: RAID上の//boot/efi、およびスワップ
  10. 承認をクリックして、パーティショナを終了します。

    推奨されたパーティション分割ページに新しい案が表示されます。

  11. インストールを続行します。独立した/boot/efiパーティションを持つUEFIマシンでは、インストールの設定画面でブートをクリックし、GRUB2 for EFI (EFI用のGRUB2)ブートローダとして設定します。Secure Bootサポートを有効にするオプションがアクティブになっていることを確認します。

    サーバを再起動するたびに、デバイスマッパーが起動時に開始し、ソフトウェアRAIDが自動的に認識され、ルート(/)パーティション上のオペレーティングシステムを開始することができます。