サポートされているCentOSの機能

この表には、CentOSクライアントのさまざまな機能の使用可否がリストされています。

クライアントで実行しているオペレーティングシステムは、オペレーティングシステムを提供している組織によってサポートされています。 CentOSはCentOSコミュニティでサポートされています。

この表のアイコンに意味は次のとおりです。

  • : 機能はSaltクライアントと従来のクライアントの両方で使用できます

  • : 機能は使用できません

  • : 機能は検討中であり、後日使用できる場合と、使用できない場合があります

  • Traditional: 機能は従来のクライアントでのみサポートされています

  • Salt: 機能はSaltクライアントでのみサポートされています。

Table 1. CentOSオペレーティングシステムでサポートされている機能
機能 CentOS 7

クライアント

(plain CentOS)

システムパッケージ

CentOSコミュニティ

登録

パッケージのインストール

パッチの適用(CVE IDが必要)

(エラータで必要なサードパーティサービス)

リモートコマンド

システムパッケージの状態

Salt

システムカスタムの状態

Salt

グループカスタムの状態

Salt

組織カスタムの状態

Salt

システムセットマネージャ(SSM)

製品移行

N/A

基本的な仮想ゲスト管理

高度な仮想ゲスト管理

Salt

仮想ゲストインストール(キックスタート)、ホストOSとして

Traditional

仮想ゲストインストール(イメージテンプレート)、ホストOSとして

システムの配備(PXE/キックスタート)

システムの再配備(キックスタート)

接続メソッド

Traditional: OSAD、RHNSD、SSH-push. Salt: ZeroMQ、Salt-SSH

SUSE Managerプロキシでの操作

アクションチェーン

ステージング(パッケージの事前ダウンロード)

重複パッケージの報告

CVE監査(CVE IDが必要)

SCAP監査

パッケージの確認

Traditional

パッケージのロック

システムのロック

Traditional

保守ウィンドウ

システムのスナップショット

Traditional

設定ファイルの管理

スナップショットとプロファイル

Traditional. Salt: プロファイルはサポートされていますが、同期はサポートされていません

電源管理

監視機能

Salt

Docker buildhost

OSでのDockerイメージの構築

Kiwi buildhost

OSでのKiwiイメージの構築

繰り返しアクション

Salt

AppStreams

なし

Yomi

なし

仮想ゲスト管理:

この表では、仮想ゲスト管理は基本と高度に分割されています。

基本的な仮想ゲスト管理には、VMのリスト化、低速更新、VMのライフサイクルアクション(起動、停止、再開、一時停止)、およびVM vCPUとメモリの変更が含まれています。

高度な仮想ゲスト管理には、基本的な仮想ゲスト管理のすべての機能に加えて、高速更新、VMライフサイクルアクション(削除、リセット、電源オフ)、VMディスクの変更、ネットワークグラフィカル表示の変更、およびグラフィカル表示の設定が含まれています。