Minimal SLESを使用して仮想マシン環境でSUSE Managerをインストールする

1. 仮想マシンマネージャ(virt-manager)の設定

この章では、SUSE ManagerのベースとしてMinimal SLESのインストールを行うために必要なカーネル仮想マシン(KVM)設定について説明します。 仮想マシンマネージャ(virt-manager)と組み合わせたKVMはこのインストールのサンドボックスとして使用されます。

virt-manager を使用して、新しい仮想マシンを作成するときに、次の設定を入力します。

次の表では、最低要件を指定しています。 これらは、1つのクライアントがあるサーバなど、クイックテストインストールに適しています。 運用環境を使用する場合、ハードウェア要件にリストされている要件を確認してください。

次の表では、15-SP4を実際の製品バージョンの文字列で置き換えてください。 https://download.suse.com/でMinimal SLESのイメージを検索してください。

KVMの設定

インストール方法

既存のディスクイメージのインポート

OS:

Linux

バージョン:

SLES15-SP4-Minimal-VM.x86_64-kvm-and-xen-GM.qcow2

メモリ:

16GB

CPU数:

4

ストレージフォーマット:

.qcow2 24GB(デフォルト)最小ルートパーティション

仮想ディスク:

仮想ディスク2:

101GB(/var/spacewalk用)

仮想ディスク3:

50GB(/var/lib/pgsql用)

仮想ディスク4:

4GB(スワップ用)

名前:

test-setup

ネットワーク

Bridge br0

SUSE Linux Enterprise仮想化ガイドの詳細については、https://documentation.suse.com/sles/15-SP4/html/SLES-all/book-virtualization.htmlを参照してください。

2. SLES KVMの最小設定

SUSE Managerのストレージパーティションに必要な追加の仮想ディスクを3つ作成します。

プロシージャ: KVMを使用して必要なパーティションを作成する
  1. ダウンロードしたMinimal KVMイメージを使用して新しい仮想マシンを作成し、[Import existing disk image](既存のディスクイメージをインポート)を選択します。

  2. RAMおよびCPU数を設定します(少なくとも16GBのRAMおよび4つのCPU)。

  3. KVMマシンに名前を付け、[Customize configuration before install](インストール前に設定をカスタマイズ)チェックボックスを選択します。

  4. ハードウェアの追加をクリックし、これらを指定して新しい仮想ディスクを3つ作成します。 これらのディスクはプロシージャ: SUSE ManagerのインストールのためにMinimal SLESを準備するでパーティション化され、マウントされます。

    ストレージサイズの値は、絶対最小値です。これは小規模なテストまたはデモインストールにのみ適しています。 特に、/var/spacewalk/ではさらに大容量がすぐに必要になる場合があります。 Kiwiイメージが保存される/srv用に別のパーティションを作成することも検討してください。

    仮想ストレージディスク 名前 サイズ

    仮想ディスク2:

    spacewalk

    101 GB

    仮想ディスク3:

    pgsql

    50 GB

    仮想ディスク4:

    スワップ

    4 GB

  5. Begin Installation(インストールの開始)をクリックし、Minimal SLESイメージから新しいVMをブートします。

プロセスが完了し、コマンドプロンプトが入力を待機するまで、プロンプトに従って基本的なMinimal SLESインストールを完了します。

基本的なインストールプロンプトの操作中、rootパスワードの入力を求められます。 次のメッセージボックスで、Confirm root Password(rootパスワードを確認)をクリックします。

3. SUSE Manager用にMinimal SLESを準備する

プロシージャ: SUSE ManagerのインストールのためにMinimal SLESを準備する
  1. rootとしてログインします。

  2. sles-releaseパッケージをアンインストールします。

    rpm -e --nodeps sles-release
  3. SCCでSUSE Managerを登録します(<productnumber>4.3に置き換えたり、 <architecture>x86_64に置き換えるなど)。

    SUSEConnect -e<EMAIL_ADDRESS> -r<SUSE_MANAGER_CODE> \
      -p SUSE-Manager-Server/<productnumber>/<architecture>
  4. SUSE Managerリポジトリを追加します。

    SUSEConnect -p sle-module-basesystem/15.4/x86_64
    SUSEConnect -p sle-module-server-applications/15.4/x86_64
    SUSEConnect -p sle-module-web-scripting/15.4/x86_64
    SUSEConnect -p sle-module-suse-manager-server/<productnumber>/x86_64

    Minimal SLESは、必要なパッケージのみをインストールするように設定されています。 動作するすべての機能を取得するには、推奨パッケージもインストールできるようにする必要があります。 /etc/zypp/zypp.confで、

    solver.onlyRequires = true

    上記の行を次のように変更します。

    solver.onlyRequires = false
  5. すべての必要な依存関係を設定してyast2-storage-ngをインストールします(約40個のパッケージでは、インストール時に30MB)。 この基本的な管理パッケージは、ストレージパーティションを準備するために必要です。

    zypper in yast2-storage-ng
  6. YaSTパーティション設定(yast2 disk)を使用して次の場所で仮想ディスクをパーティション設定してマウントします。

    ストレージサイズの値は絶対最小値です。 これらは、1つのクライアントがあるサーバなど、小規模なテストまたはデモのインストールにのみ適しています。 特に、/var/spacewalk/ではさらに大容量がすぐに必要になる場合があります。 Kiwiイメージが保存される/srv用に別のパーティションを作成することも検討してください。

    仮想ストレージディスク 名前 ストレージサイズ ファイルシステムの種類

    仮想ディスク2:

    /var/spacewalk

    101 GB

    XFS

    仮想ディスク3:

    /var/lib/pgsql

    50 GB

    XFS

    仮想ディスク4:

    スワップ

    4 GB

    スワップ

  7. パーティション設定を終了し、SUSE Managerパターンをインストールします(約730個のパッケージでは、インストール時に1.4GBのディスクスペースを使用)。

    zypper in -t pattern suma_server
  8. 再起動します。

SUSE Managerの設定に進むには、SUSE Managerの設定を参照してください。