サポートされているクライアントシステム

従来のクライアントおよびSaltクライアントでサポートされているオペレーティングシステムを次の表に示します。

この表で、オペレーティングシステムを実行しているクライアントがSUSEでサポートされていることをは示し、はサポートされていないことを示します。 とマークされているフィールドは検討中で、後日サポートされる場合とサポートされない場合があります。

SUSEオペレーティングシステムの場合、SUSE Managerでのサポートを受けるには、バージョンとSPレベルが全般サポート(ノーマルまたはLTSS)でなければなりません。 サポートされている製品バージョンの詳細については、次を参照してください:

Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Oracle Linuxなど、SUSE以外のオペレーティングシステムでは、利用できる最新バージョンのみが全般的にサポートされます。

Table 1. サポートされているクライアントシステム
オペレーティングシステム アーキテクチャ 従来のクライアント Saltクライアント

SUSE Linux Enterprise 15

x86-64、ppc64le、IBM Z、ARM

SUSE Linux Enterprise 12

x86-64、ppc64le、IBM Z、ARM

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 15

x86-64、ppc64le

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12

x86-64、ppc64le

SLE Micro

x86-64、ppc64le、aarch64

openSUSE Leap 15

x86-64、aarch64

SUSE Linux Enterprise Server ES 8

x86-64

SUSE Linux Enterprise Server ES 7

x86-64

AlmaLinux 8

x86-64、aarch64

Amazon Linux 2

x86-64、aarch64

CentOS 8

x86-64、aarch64

CentOS 7

x86-64、aarch64

Debian 11

x86-64

Debian 10

x86-64

Oracle Linux 9

x86-64、aarch64

Oracle Linux 8

x86-64、aarch64

Oracle Linux 7

x86-64、aarch64

Red Hat Enterprise Linux 8

x86-64

Red Hat Enterprise Linux 7

x86-64

Rocky Linux 8

x86-64、aarch64

Ubuntu 22.04

amd64

Ubuntu 20.04

amd64

Ubuntu 18.04

amd64

配布がサポート終了になると、サポートが廃止されたと見なされる3か月の猶予期間に入ります。 その期間が過ぎると、製品はサポート対象外と見なされます。 サポートは、努力ベースでのみ提供される場合があります。

サポート終了日の詳細については、https://endoflife.software/operating-systemsを参照してください。

Salt SSHは、/var/tmpを使用して、Salt Bundleを配備し、バンドルされたPythonを使用してクライアント上でSaltコマンドを実行しています。 したがって、noexecオプションを指定して/var/tmpをマウントしないでください。 ブートストラッププロセスがクライアントに到達するためにSalt SSHを使用しているため、/var/tmpnoexecオプションでマウントされたクライアントをWeb UIでブートストラップすることはできません。

クライアントハードウェアを設定している場合、SUSE Managerにこれらを追加しても、オペレーティングシステムおよび必要なワークロードがクライアントで十分に動作することを確認する必要があります。

Table 2. クライアントの追加ハードウェア要件
ハードウェア 必要な追加サイズ

RAM

512 MB

ディスク容量:

200 MB