サーバ間同期

複数のSUSE Managerがインストールされている場合は、コンテンツと許可が必ず一致しているようにする必要があります。 サーバ間同期(ISS)を使用すると、複数のSUSE Managerサーバを接続して、最新のままにすることができます。

ISSを設定するには、一方のSUSE Managerサーバをマスターとして定義し、他方をスレーブとして定義する必要があります。 競合する設定が存在する場合は、システムがマスター設定を優先します。

ISSマスターはスレーブが接続されているという理由でのみマスターです。 これは、スレーブを定義して、最初にISSマスターを設定する必要があることを意味します。 その後、ISSスレーブをマスターに接続して設定できます。

プロシージャ: ISSマスターの設定
  1. SUSE Manager Web UIで、管理  ISS設定  マスターセットアップに移動し、新規スレーブの追加をクリックします。

  2. スレーブの詳細の編集]ダイアログで、ISSマスターの最初のスレーブに関する次の詳細を提供します。

    • スレーブの完全修飾ドメイン名]フィールドに、ISSスレーブのFQDNを入力します。 例: server2.example.com

    • スレーブの同期を許可しますか?]チェックボックスをオンにして、スレーブがマスターと同期できるようにします。

    • すべての組織をスレーブに同期しますか?]チェックボックスをオンにして、すべての組織をこのスレーブに同期します。

  3. 作成をクリックして、ISSスレーブを追加します。

  4. 選択された組織のエクスポートを許可します]セクションで、このスレーブをマスターにエクスポートできる組織をオンにし、 組織を許可をクリックします。

ISSスレーブを設定する前に、適切なCA証明書があることを確認する必要があります。

プロシージャ: マスターCA証明書をISSスレーブにコピーする
  1. ISSマスターで、/srv/www/htdocs/pub/RHN-ORG-TRUSTED-SSL-CERTにあるCA証明書を見つけ、ISSスレーブに転送できるコピーを作成します。

  2. ISSスレーブで、CA証明書ファイルを/etc/pki/trust/anchors/ディレクトリに保存します。

証明書をコピーしたら、ISSスレーブを設定できます。

プロシージャ: ISSスレーブの設定
  1. SUSE Manager Web UIで、管理  ISS設定  スレーブセットアップに移動し、新規マスターの追加をクリックします。

  2. 新規マスターの詳細]ダイアログで、サーバがISSマスターとして使用するための詳細を提供します。

    • マスターの完全修飾ドメイン名]フィールドに、このスレーブのISSマスターのFQDNを入力します。 例: server1.example.com

    • このマスターのCA 証明書のファイル名]フィールドに、ISSマスターのCA証明書への絶対パスを入力します。 これは/etc/pki/trust/anchors/RHN-ORG-TRUSTED-SSL-CERTである必要があります。

  3. 新規マスターの追加をクリックし、このマスターにISSスレーブを追加します。

プロシージャ: ISSセットアップの完了
  1. ISSスレーブのコマンドプロンプトで、ISSマスターと同期します。

    mgr-inter-sync
  2. オプション: 単一チャンネルを同期するには、次のコマンドを使用します。

    mgr-inter-sync -c <channel-name>
  3. SUSE Manager Web UIで、管理  ISS設定  Configure Master-to-Slave Mappings(マスターとスレーブのマッピングの設定)に移動して、同期する組織を選択します。