サーバ - マイナーバージョンのアップグレード(Yアップグレード)

YaSTオンライン移行ツールまたはZypperのコマンドラインツールのいずれかを使用してSUSE Managerを次のマイナーバージョンにアップグレードできます。 これは、多くの場合、製品移行、サービスパック移行、またはSP移行と呼ばれます。 このプロシージャではサーバを更新コピーに置き換えません。 これはインプレースアップグレードです。

例: * 4.2.x4.3.0 、または 4.1.x4.3.0

バージョン 4.1から4.3にアップグレードすると、追加手順によって、ベースOSもSUSE Linux Enterprise Server 15 SP2からSUSE Linux Enterprise Server 15 SP4に、PostgreSQLデータベースもバージョン12から14にアップグレードされます。 データベースのアップグレードの詳細については、最新バージョンへのデータベースの移行を参照してください。

アップグレードは、GNOMEのようなグラフィカルインターフェースではなくテキストコンソールから実行する必要があります。 移行するマシンで動作しているGNOMEセッションにログインしている場合、テキストコンソールに切り替える必要があります。 リモートマシンからログインしている場合には、上記の操作は当てはまりません(GNOMEでVNCセッションを実行していない場合)。

Before the upgrade, ensure that storage requirements are met. For more information, see ハードウェア要件. The migration procedure can fill the root partition if there is not enough space available due to the service pack migration and the download of new software packages. It is the same for the /var/lib/pgsql when upgrading PostgreSQL. It takes a copy of the old database, thus be sure to have at least enough space available to cope with a copy of the database.

1. 4.3へのアップグレードの準備

アップグレードプロセスを開始する前に、古い4.1.xまたは4.2.x SUSE ManagerサーバでPython2モジュール(sle-module-python2)を非アクティブ化する必要があります。 4.1.xの場合、 コマンドラインでrootとして次のコマンドを実行します。

SUSEConnect -d -p sle-module-python2/15.2/x86_64

4.2.x の場合、コマンド ラインでrootとして次のコマンドを実行します。

SUSEConnect -d -p sle-module-python2/15.3/x86_64

Python2モジュールは新しいSUSE Manager 4.3で使用できなくなったため、この非アクティブ化手順が必要です。 SUSE Managerサーバ4.3では、Python 3モジュール(sle-module-python3)がインストールされます。

詳細については、SUSE Manager 4.3リリースノートを参照してください。