Alibaba Cloud Linuxクライアントの登録

このセクションでは、Alibaba Cloud Linuxオペレーティングシステムを実行している従来のクライアントおよびSaltクライアントの登録について説明します。

  • Alibaba Cloud LinuxリポジトリのURLはSUSE Customer Centerで使用できますが、

  • パッケージおよびメタデータはSUSEではなくAlibaba Cloudから提供されます。

  • サポートされている製品については、サポートテーブルとリリースノートを参照してください。

従来のスタックはAlibaba Cloud Linux 2で利用できますが、サポートされていません。 Alibaba Cloud Linux 2クライアントはSaltクライアントとしてのみサポートされます。

一部のAlibaba Cloud Linux 2インスタンスでは、正常に登録するために2回の試行が必要になります。

1. ソフトウェアチャンネルの追加

Alibaba Cloud LinuxクライアントをSUSE Managerサーバに登録する前に、必要なソフトウェアチャンネルを追加して同期する必要があります。

次のセクションでは、x86_64アーキテクチャに基づく説明が多いです。 必要に応じて他のアーキテクチャに置き換えてください。

このプロシージャで必要な製品は次のとおりです。

Table 1. Alibaba Cloud Linux製品 - WebUI
OSバージョン 製品名

Alibaba Cloud Linux 2

Alibaba Cloud Linux 2 x86_64

プロシージャ: ソフトウェアチャンネルの追加
  1. SUSE ManagerのWeb UIで、管理  セットアップウィザード  製品に移動します。

  2. 検索バーを使用してクライアントのオペレーティングシステムおよびアーキテクチャに適切な製品を探し、適切な製品にチェックを付けます。 こうすることによって、すべての必須チャンネルに自動的にチェックが付きます。 また、include recommendedトグルがオンになっている場合、すべての推奨チャンネルにもチェックが付きます。 矢印をクリックして関連製品の一覧を表示し、必要な追加製品にチェックが付いていることを確認します。

  3. 製品の追加をクリックし、製品の同期が完了するまで待機します。

または、コマンドプロンプトでチャンネルを追加できます。 このプロシージャで必要なチャンネルは次のとおりです。

Table 2. Alibaba Cloud Linuxチャンネル - CLI
OSバージョン ベースチャンネル

Alibaba Cloud Linux 2

alibaba-2-x86_64

手順: コマンドプロンプトからのソフトウェアチャンネルの追加
  1. SUSE Manager サーバのコマンドプロンプトで root になり、 mgr-sync コマンドを特定のチャンネルに対して実行します:

    mgr-sync add channel <channel_label_1>
    mgr-sync add channel <channel_label_2>
    mgr-sync add channel <channel_label_n>
  2. 同期は自動的に開始されます。 チャンネルを手動で同期する場合、次のコマンドを使用します。

    mgr-sync sync --with-children <channel_name>
  3. 続行前に、同期が完了していることを確認してください。

2. 同期ステータスの確認

手順: Web UIからの同期の進捗状況の確認
  1. SUSE ManagerのWeb UIで、管理  セットアップウィザードに移動し、[製品]タブを選択します。 このダイアログには、同期中の各製品の完了バーが表示されます。

  2. 代わりに、ソフトウェア  管理  チャンネルに移動し、リポジトリに関連付けられているチャンネルをクリックします。 [リポジトリ]タブに移動し、[同期]をクリックし、[同期状態]をクリックします。

プロシージャ: コマンドプロンプトから同期の進捗状況を確認する
  1. SUSE Managerサーバのコマンドプロンプトで、rootとして、tailコマンドを使用して同期ログファイルを確認します。

    tail -f /var/log/rhn/reposync/<channel-label>.log
  2. それぞれの子チャンネルは、同期の進捗中にそれぞれのログを生成します。 同期が完了したことを確認するには、ベースチャンネルと子チャンネルのログファイルをすべて確認する必要があります。

3. アクティベーションキーの作成

Alibaba Cloud Linuxチャンネルと関連付けられているアクティベーションキーを作成する必要があります。

アクティベーションキーの詳細については、アクティベーションキーを参照してください。

4. クライアントの登録

クライアントを登録するには、ブートストラップリポジトリが必要です。 デフォルトでは、ブートストラップリポジトリは自動的に作成され、すべての同期製品に対して毎日再生成されます。 次のコマンドを使用して、コマンドプロンプトからブートストラップリポジトリを手動で作成できます。

mgr-create-bootstrap-repo

クライアントの登録については、クライアントの登録を参照してください。

一部のAlibaba Cloud Linux 2インスタンスは、最初の試行で登録に失敗します。

これは、Alibaba Cloud Linux 2のイメージに既知のバグがあるためです。

「python-urlgrabber3」パッケージは、Python pipパッケージとRPMパッケージの両方で提供されており、最初の登録試行時に競合が発生する可能性があります。

インスタンスが影響を受けるいずれかのイメージバージョンに基づいている場合、クライアントは2回目の登録試行で正しく登録されます。